ぬか漬け資格人気ランキング

ぬか漬け
Pocket

発酵食品について皆さんが知っている事はどれだけあるでしょうか。日本の伝統的な食品は大体のものが発酵食品と言ってもいいほど多く、醤油や味噌、鰹節など毎日食べるような身近なものですら発酵食品ですね。海外でもパンやヨーグルトという形で発酵の利用はされてきましたが、日本のそれはかなりの種類・数に及んでいるあたりから造詣の深さが見て取れます。

さて、食卓に欠かせない漬物も発酵食品ですね。最もポピュラーなものと言えばぬか漬けで、昔は家庭で自家製のものを作ってきたのが一般的です。一般的にぬか漬けと聞くと、茶色い糠に浸かった見た目のものを想像してしまいがちですが、厳密に言えば漬ける時間で呼び方が変わるため、浅漬けや古漬けもぬか漬けの一つです。

テレビなどのメディアでも発酵食品のメリットや効能については触れられていますが、実際に家庭でぬか漬けを作っている人は少数派かもしれません。ですが、市販のものよりお手軽においしいぬか漬けが作れる、好みの食材を使って作れるなどの利点から家庭で自作している人が増えてきている人気のジャンルでもあります。

今回はこれをぬか漬け資格人気ランキングにてご紹介していきます。

1位 ぬか漬けソムリエ

ぬか漬けソムリエは諒設計アーキテクトラーニングスクールが取り扱う認定資格の一つです。日本安全食料料理協会が主催しています。
非常に家庭に則した資格の一つで、趣味程度でも取得できる方がいるほど試験難易度が無難にまとまっている点が特徴の一つで、諒設計アーキテクトラーニングでは通信講座と一体化した形になっている資格試験が多いため、知識に不安がある方は通信講座を利用することでスムーズな学習、受験が可能な点が受験者には分かりやすい形と評判を高めています。
実際にぬか漬けを作るための基本的な知識に加えて、ぬか床の各種問題に対する対処法や、実際に漬ける際の注意点など、実践的な知識をメインに取り扱うもののため、取って実になる資格であるのは間違いありませんね。
また、資格試験で必要になりがちなややこしい受験資格が一切ないため、どんな方にも受験する資格がある点も見逃せない所です。費用も受験の際に10,000円と非常に分かりやすく、申込みから受験まですべて在宅で可能な所も取り回しの良さが優れています。
数多くのメリットを元に高評価を獲得しているぬか漬け人気資格ですが、最大の特徴は、諒設計アーキテクトラーニングが提供する通信講座を受講したうえで、課題を提出することで無条件に資格を取得できる点です。確実な取得が保証されるうえに、受講によってしっかりと知識を吸収できるという二段構えのメリットが人気の秘訣のようですね。
ぬか漬けソムリエについてはこちら

2位 健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクター

健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターも諒設計アーキテクトラーニングスクールが取り扱う認定資格です。こちらは日本インストラクター技術協会が主催するものです。
こちらも1位のぬか漬けソムリエ同様のタイプの資格試験で人気を獲得している資格です。試験の概要や条件などは大体同じ規定のため、様々なメリットがこちらの資格にも当てはまるという事ですね。
ぬか漬けソムリエとの違いとしては、より指導に特化した知識を重視しているため、自分で知識を活かすことのほかにも、他人に教える事も念頭においた資格と言えるでしょう。各種野菜についての知識や、基本的なぬか漬けの知識を主に取り扱う資格です。
健康栄養ぬか漬けの作り方インストラクターについてはこちら

3位 ぬか漬けマイスター認定試験

ぬか漬けマイスター認定試験はWebでチャレンジできる一風変わった資格です。
祇園ばんやという京料理屋のホームページで公開されているもので、ぬか漬けの基本知識を主に取り扱っています。公的な効力はあまり期待できないタイプのものですが、ぬか漬けへの興味への第一歩として、初歩の初歩を学ぶだけなら楽しみながらできるものですので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
ぬか漬け資格  ぬか漬け資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る