イタリア料理資格人気ランキング

イタリアン
Pocket

イタリア料理として思い浮かぶものといえばパスタやピザですが、日本の食文化にもしっかりと根付いているものの一つと言えますね。大衆的な食事処でもイタリア料理は手を出しやすい部類のもので、学生時代によく行ったレストランもこの類のものだった方は多いのではないでしょうか。日本で馴染み深い海外の料理というと大体このイタリア料理と中華料理が挙げられると思いますが、日本国民の経済事情からするとこのあたりの料理が比較的安価で提供できるものが多い、といった側面もあります。また、料理の歴史的背景を考えるとそれは更に明確になってきます。例えば民族的な食事がその国の料理となったパターンの一つである日本料理は料亭や高級寿司などを除けば非常に手を出しやすい価格帯の食事が多く、商売という観点から見ても提供しやすい料理と言えるでしょう。逆にフランス料理などをイメージすると、高級なものを連想してしまいがちです。これはフランス料理自体の起源が宮廷料理なため、そもそもが高級かつ洗練された物でなければフランス料理と言えない、といった起源のもつ属性がそのまま現在に受け継がれているためです。

さて、今回は馴染み深いイタリア料理にクローズアップして、イタリア料理資格人気ランキングでご紹介していきたいと思います。

1位 イタリア料理ソムリエ

イタリア料理ソムリエは日本安全食料料理協会が提供している認定資格の一つです。
この資格はイタリア料理に欠かせない存在であるオリーブや、よく使用される食材の扱い方をメインの知識として据えたものです。非常にこの分野に入っていきやすい事で人気を獲得している資格で、取りやすさやチャレンジしやすさ、そして資格の効力に関しても全体のバランスが高い次元でまとまった人気のイタリア料理資格となっています。家庭でイタリア料理を、という方にも関連業界での知識の足しに、という方にもオススメできる資格です。

イタリア料理ソムリエについてはこちら

2位 イタリアンコーディネーター

イタリアンコーディネーターは日本生活環境支援協会が提供する資格試験です。
食事をコーディネートするといった分類のため、単純に料理をそのまま考えるのではなく組み合わせを考慮して食事をより有意義かつ豊かにするといった目的をもっています。そのため上述のものより更に飲食業界で働く方向けの資格となっており、メニュー考案などに強い味方となってくれることが期待できる資格となっています。反面、専門的な知識がそれほど必要ない点や、受験を考えた際に壁となってしまう受験資格に関しては制限がないため悩む必要がないのが大きな特徴となっています。資格を取ろうと思った際の即応性に優れているため、こちらも高い人気を誇るイタリア料理資格となっています。

イタリアンコーディネーターについてはこちら

3位 イタリアンマイスター

イタリアンマイスターは日本能力開発推進協会のが主催する資格試験です。
こちらはイタリアンレストランのオーナーシェフ直伝の調理ポイントをメインにした知識・技術を吸収できる資格として人気を獲得しているものです。認定講座が用意されているため、比較的はいっていきやすい部類の資格と言えるでしょう。

4位 イタリア料理研究家1級

イタリア料理研究家1級は少し本格的な資格試験となっており、面接試験を含んだ試験内容のため難易度が高めに設定されています。メディアに登場する料理のスペシャリストはこのレベルの資格を有している事が多いため、そういった業界での活躍を希望する人には挑戦していきたい資格ですね。

5位 イタリア料理研究家認定試験3級

こちらは前述の資格を少し下げたもので、まずはこちらから取得してからステップアップしていくとよいでしょう。ただこちら単体では資格としての効力は非常に限られたものになってしまうため、更に上の段階に挑戦するための足がかり程度に考えるのが無難です。

イタリア料理資格  イタリア料理資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る