イベント・舞台資格ランキング

資格ランキング
Pocket

様々な箇所で、コンサートや催し物が開催されたり、劇場で演劇が開演されたりしています。このようなイベントには、必ずイベントを主催している主催者と、イベントを管理・運営している運営会社がいます。イベントを開催する上で、イベントに関する管理や劇場の設備など関わる仕事をされている方に役に立つ資格を今回は紹介したいと思いす。

1位 イベント業務管理士資格試験

イベント業務管理士資格試験は、(般)日本イベント産業振興協会が認定している資格です。受験資格は、イベントの企画・運営・管理するアシスタントディレクター職やディレクター職を対象とした資格となっていることから、イベント業務3年以上の実務経験者となっています。試験は、イベントの概念と構造、様々なイベントの形態、イベントの企画・制作、イベントの運営・マネジメントなどから出題されます。資格は2級・1級の2階級があり、試験は年1回(2級:11月、1級:2月)開催されています。

資格はここ→イベント業務管理士資格試験

2位 劇場技術者検定試験

劇場技術者検定試験は、日本劇場技術者連盟が認定している資格です。劇場や舞台を円滑に設営・運営するための舞台装置の操作(舞台照明・舞台音響)に加え、舞台進行ができるかどうかを認定している資格となっております。試験は実技講習を受講した後に、筆記試験を受けて資格取得となります。資格は第3種・第2種・第1種の3階級があり、試験は年1回開催されています。

資格はここ→劇場技術者検定試験

3位 舞台機構調整技士国家資格試験

舞台機構調整技士国家資格試験は、厚生労働省が認定する国家資格となっており、都道府県職業能力開発協会が試験を実施しています。試験は舞台装置の操作の中でも特に音響に特化した内容となっており、試験は実技試験となっており、音響機器を用いたセッティング技術、音の判定などが行われます。資格は3級・2級・1級の3階級があり、試験は年1回(3級:7月、2級・1級:1月)開催されています。

資格はここ→舞台機構調整技士国家資格試験

イベント・舞台資格のおすすめ情報

イベントや舞台を開催・運営するには、イベントに関する知識とともに、企画・制作・運営に関する知識、また、劇場施設・劇場機器操作に関する知識なども必要とされており、資格取得することによってスキルアップをされてみてはいかかでしょうか。

イベント業務管理士資格試験講座を習う!人気のイベント業務管理士資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のイベント業務管理士資格試験講座スクールはこちらです。

イベント業務管理士資格試験講座

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る