インテリアコーディネーター資格ランキング

インテリアデザイナー
住居・施設・店舗、すべての建築物に欠かせないのが、家具・照明・調度品などのインテリア。インテリアは建物の雰囲気を左右し、また、住む人・使用する人の拘りやセンスが問われるものです。インテリアをコーディネートする際にアドバイスや提案、代わりにコーディネートをするのがインテリアコーディネーター。インテリアに関する資格は幾つもあり、今回はコーディネートに焦点を当ててご紹介します。

1位 インテリアデザイナー資格試験

インテリアデザイナーは、日本デザインプランナー協会が認定する資格となっており、数あるインテリアコーディネーター資格の中で最も知名度・難易度の高い資格となります。インテリア(内装・家具・照明・住宅設備)に関する深い知識と快適な住空間を作るための適切なアドバイスや提案ができる事、図面などを用いて的確に表現できる者の証明となります。

資格はここ→インテリアデザイナー資格試験

2位 インテリアコーディネーター資格試験

インテリアコーディネーターは(公)インテリア産業協会が認定する資格となっており、インテリア(内装・家具・照明・住宅設備)に関する深い知識と快適な住空間を作るための適切なアドバイスや提案ができる事、図面などを用いて的確に表現できる者の証明となります。試験は年1回(1次試験:10月、2次試験:12月)に開催されています。

3位 ライティングコーディネーター資格試験

ライティングコーディネーター資格試験は(般)日本ライティングコーディネート協会が認定する資格となっており、照明に特化した資格となっています。住居に限らず、店舗やホテルなどでは、照明の種類・明るさ・色によって雰囲気が大きく左右される設備です。効果的な照明の使い方、建物に合った照明、目的に応じた照明など照明に関するスペシャリストとして認定される資格です。資格は(般)日本ライティングコーディネート協会が主催する講座を受講し、講座終了後の試験に合格することで取得することができます。

4位 キッチンスペシャリスト資格試験

キッチンスペシャリストは(公)インテリア産業協会が認定する資格となっており、キッチンに特化した資格となります。女性にとってキッチンは最も拘りたい家具であり設備でもあります。新築時やリフォームの際に、お客様の使い勝手や家の雰囲気に合ったキッチンや水回り設備等を提案することができる者の照明となります。試験は年1回(12月)に開催されています。

インテリアコーディネーター資格のおすすめ情報

インテリアコーディネーターは、ただ単に家具や設備を選ぶだけの役割を持った資格ではなく、家の雰囲気やお客様の求める使い勝手に応じたインテリアを選定するセンス、それを表現できる表現力も求められます。さらなるスキルアップの為に資格を取得されてはいかがでしょうか。

インテリアコーディネーター資格を習う!人気のインテリアコーディネーター資格スクール!

おすすめの今人気のインテリアコーディネーター資格スクールはこちらです。

インテリアコーディネーター資格講座
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る