インド料理資格人気ランキング

インド料理
Pocket

世界の料理と言えば何が思い浮かぶでしょうか。日本料理も無形文化遺産として登録されて久しいですが、フランス料理や中国料理といった不動の地位を築いている世界的料理もありますね。その中でも最近徐々に話題をさらうことが多くなってきたのがインド料理です。インドと聞くと日本でもカレーが親しまれていますが、実はこの日本のカレーはインドのカレーとは似て非なるものとして独自の発展を遂げたものであり、インドの人はむしろ日本のカレーはカレーとは別物の食べ物として認識してたり、そもそも日本からインドに日本カレーを輸入していたりと、なかなかおもしろい事実があったりもします。インドのカレーにはこれといって決まったスパイスを利用するというものが無いというのもそういう事態になった経緯かもしれません。日本では一般的なカレー粉やカレールウといったものはインドには基本的にはなく、スパイスを都度調合してカレーを作るため、作る人と場所が変わればガラリとその味や見た目が変わるのが本場のインドカレーの姿です。

と、ここで日本におけるカレーとインドにおけるカレーという言葉がそもそも別だという注釈も入れておきたいと思います。というのも、そもそもインドでカレーという言葉は存在しておらず、インドにとってもカレーは外来語だという事です。日本のカレーのようなスパイスを多用した料理をインドではカレーで一括りにされている風潮がありますが、そもそも煮込み料理全てをカレーでまとめてしまうのも無理のある話ですね。

さて、今回はこのインド料理についての資格人気ランキングをご紹介します。

1位 インド料理ソムリエ

インド料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主宰している資格認定試験の一つです。
さて、冒頭で触れた通り日本人が持っているインド料理に関する知識といえばカレーで、さらにそのカレーに対しても実は本場からすれば何を言っているんだ、と言われても仕方がないようなレベルの知識です。もし仮に日本料理を指して醤油を使っている料理だから日本料理だね、と言われたら心外だと思う人が大半でしょうから、同様にインド料理に対しても失礼であると言えるでしょう。そういった知識不足からくる誤解を払拭するのにも一役買ってくれるのがこのインド料理ソムリエで、資格人気ランキングでもトップに君臨している理由はその広範な内容と、それと反比例した受験のしやすさ、試験難易度のゆるやかさです。インド料理の肝と言えるスパイスに関する知識を基本として、インド料理に用いられる食材の知識をカバーしながらも、受験資格として求められる実務経験等は一切不問という間口の広さが最大のメリットとなっています。ひとまずチャレンジするなら間違いなくこれ!と言える強さをもった資格です。

インド料理ソムリエについてはこちら

2位  インド食文化インストラクター

インド食文化インストラクターは日本インストラクター技術協会が主宰するインド料理資格の一つです。
こちらがメインにしているのはその資格名にも含まれているように、インストラクターとして指導していくための知識です。そのため、インド料理に対する歴史的な背景や結びつきの深いヒンドゥー教・イスラム教との関係性、食事作法やインドのお弁当なんていう知識まで広く取り扱っているため、資格取得後はしっかりとその知識を活かしての活躍が可能になる点が大きな利点です。より実務的な知識を証明する資格なため、そういった業界での需要でいえばトップクラスの人気を誇るインド料理資格です。

インド食文化インストラクターについてはこちら

3位 カレーマイスター

カレーマイスターは日本野菜ソムリエこ協会が主催するインド料理資格です。
冒頭で触れたインド料理の事実を真っ向から壊しにかかっていますが、日本国内におけるインド料理としてのカレーに特化した資格のため、カレーをメインに据えたカレー資格として言い換える事もできます。よりピンポイントな効力が欲しい人にはこちらの資格がオススメできますよ。
インド料理資格  インド料理資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る