カクテル資格人気ランキング

カクテル
Pocket

はじめに

カクテルは様々なお酒をブレンドして楽しむ大人の飲み物です。おしゃれなバーでゆったりカクテルを味わうのが週末の楽しみという方も多いかも知れません。
カクテルをもっと楽しく味わいたい、あるいは仕事としてカクテルに携わりたいと思っている方は資格の取得を目指してみるのもおすすめです。
カクテルの資格は様々ですが、今回はその中でもより魅力的な資格を5つ厳選してランキング形式でご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

1位 カクテルソムリエ認定試験

受験資格 特になし。
受験料 10000円
受験申し込み方法 インターネットから。
合格基準 70パーセント以上の得点率
受験日程 毎年6回、2ヶ月に1度。

カクテルソムリエ認定試験は、日本安全食料料理協会が主催している資格の1つです。カクテルに関してあらゆる知識を持っていることを証明するために使われる信頼の置ける資格の1つです。
カクテルの種類はもちろん、シェイクの仕方、アイスピックやディッシュクロスなど関連する道具の使い方など幅広い知識が求められます。趣味でカクテルを極めたい方にも、プロとしてカクテル作りに取り組みたい人にもおすすめできる資格です。
カクテル資格のカクテルソムリエはこちら

2位 カクテルコンシェルジュ

受験資格 特になし。
受験料 10000円
受験申し込み方法 インターネットから。
合格基準 70パーセント以上の得点率
受験日程 毎年6回、2ヶ月に1度。

カクテルコンシェルジュは、日本インストラクター技術協会が主催している資格です。この協会はあらゆるジャンルでのインストラクターを育てることを目的としていて、この資格ではカクテルの作り方、技法、道具など様々な知識が求められます。
自宅でのカクテルの楽しみ方、季節に合わせた素材など技術や知識が身につくので資格取得後は、自分で楽しむのみでなくカルチャースクールの講師として活動することもできます。カクテルの良さや魅力を他の人にも伝えていきたいという方におすすめします。
カクテル資格のカクテルコンシェルジュはこちら

3位 カクテルマイスター

受験資格 特になし。
受験料 27000円
受験申し込み方法 インターネットから。
合格基準 指定の講座を修了し、最終試験に合格すること。
受験日程 特になし。

カクテルマイスターは、通信講座を受講することで取得できる資格の1つです。特に申し込み期間はないので、いつでも思い立った時に受講申し込みできるのが魅力の1つですね。
講座ではカクテルの基礎知識やバー、カフェなどの開業に向けたノウハウを学ぶこともできるのでこれからプロを目指している人、開業して自分のお店を持ちたいという人にもおすすめできます。さらに趣味でカクテルについて学びたいという方も一から自分のペースで勉強できるのが魅力です。

4位 カクテルアナリスト

受験資格 指定されたカリキュラムを修了していること
受験料 5600円
受験申し込み方法 インターネットから。
合格基準 70パーセント以上の得点率
受験日程 特になし。

カクテルアナリストは、一般財団法人日本能力開発推進協会が主催している資格です。この資格ではカクテルの他にもワインやビールなどの洋酒の知識、シェイクなどの専門知識が身についていることを証明します。カクテルだけでなくお酒全般の知識も身につくのでお酒好きな方におすすめです。
資格を取得するためにはまず講座を受ける必要があり、在宅での講座受講も可能ですからしっかり勉強して試験に取り組むことができます。

5位 カクテルアドバイザー

受験資格 20歳以上の方
受験料 36000円
受験申し込み方法 FAXまたは郵送
合格基準 講座を修了し、試験に合格すること
受験日程 特になし。

カクテルアドバイザーは通信講座で取得できる資格です。修了試験も在宅でできるので主婦の方や小さなお子さんがいる方でも安心です。一般社団法人日本ホテルアバーメンズ協会が主催していて、カクテルの知識を深めて、カクテルの楽しさや魅力を他の人に伝えることが目的となっています。
趣味でカクテルを楽しみたい方にも、仕事として極めたい方にもおすすめできる資格です。通信講座で知識を身につけてから試験をすることができるので現在カクテルの知識がないという方でも安心して受講できるのも魅力です。
カクテル  カクテル

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る