カフェ資格ランキング

カフェ
Pocket

世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
今回は、コーヒーやカフェにまつわる注目の資格を6つご紹介します!美味しいコーヒーを家や職場で入れることができれば、あなたもモテモテ!?

1位 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験

コーヒー全般に関する基礎知識や、コーヒー豆の焙煎や抽出、美味しいコーヒーを淹れる技術など、コーヒーに関する十分な知識を持っていることを証明する資格が、コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)です。
 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)は、必ずしもコーヒー業界で働いていなくても取得が可能なため、一般のコーヒー好きの方にも人気の資格となっています。日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の資格認定試験に合格することで取得できる資格です。

資格はここ→コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験

2位 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)資格試験

カフェを企画開業し、マーケティングを駆使し運営していく知識から、提供する商品やサービス内容、内装や設備に関してなど、カフェのオーナーとして必要な知識と技術を持っていることを証明する資格が、カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)です。
 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)は、現在カフェ業界で働いている人だけでなく、これからカフェを開業したい方も対象としている資格です。コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)と同じく、日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の資格認定試験に合格することで取得できる資格です。

資格はここ→カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)資格試験

3位 コーヒーインストラクター検定

日本で初めてのコーヒーに関する資格認定制度が、コーヒーインストラクター検定です。コーヒーインストラクター検定は、2級と1級、さらにコーヒー鑑定士の資格が対象となっています。コーヒー全般に関する基礎的な知識や技術から、プロに必要となる専門的な知識や技術まで、幅広い人を対象としています。
コーヒーインストラクター検定は、順番に資格取得の勉強をしていくことで、コーヒーに関する全般的な知識と鑑定技術を段階的に身に付けられる人気の資格です。

4位 コーヒーマイスター資格試験

プロとしてお客様にコーヒーを提供するために、十分な知識や技術を持っていると証明する資格が、コーヒーマイスターです。コーヒーマイスターになるには、日本スペシャルティコーヒー協会の「コーヒーマイスター養成講座」を修了し、認定試験に合格する必要があります。
 コーヒーマイスターは全国で約3,500名の方が取得されていて、全国各地のカフェ等で活躍されています。コーヒー・カフェ業界で働いている人に特に人気の資格です。

5位 JBAバリスタライセンス

高品質で美味しいコーヒーや、関連商品及びサービスをお客様に提供するバリスタ。日本バリスタ協会が認定するバリスタの資格が、JBAバリスタライセンスです。JBAバリスタライセンスは、レベル1~3まで分かれていて、それぞれスクールを受講しライセンス試験に合格することで資格を取得できます。
 プロ向けの資格ですが、憧れの「バリスタ」を目指してみるのもいいかもしれませんね。

6位 コーヒーコーディネーター

コーヒー全般の知識、ブレンド、カフェフードの作り方などの知識や技術を持っていると認定する資格が、コーヒーコーディネーターです。公益社団法人日本通信教育振興協会が認定する講座を受講し、課題に合格すると「コーヒーコーディネーター検定資格」が認定されます。
特にプロ限定の資格ではないので、一般の方にも人気の資格です。

7位 カーサバリスタ

一般社団法人日本能力開発推進協会が認定する、コーヒー・カフェ資格が、カーサバリスタです。協会指定の認定教育機関が行う教育訓練で、カリキュラムを修了することで、受験資格を得ることができます。
在宅で受験可能な簡易さが、人気になっています。

カフェ資格試験講座を習う!人気のカフェ資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のカフェ資格試験講座スクールはこちらです。

カフェ資格試験講座
コーヒー  コーヒー

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る