キッチン資格人気ランキング

キッチン
Pocket

料理は年齢性別問わず、趣味として楽しんでいる方が多いですね。でも一般的には、やはり女性の料理の方が男性が作るよりもおいしく感じるのは、私だけでしょうか?家族のために一生懸命作ってくれる料理は、たっぷりの愛情と工夫が山盛りで、感謝の気持ちとともに経験値を感じざるを得ませんね。

そんな料理を作るキッチンが使いづらかったり、料理をするのにストレスを感じてしまうようなスペースであったら、精神衛生上好ましくないですね。長時間立ちっぱなしのうえ、イライラしながら料理をしていたのでは、やけどやケガのもとにもなりますし、体調にも響く恐れがあります。とはいえ、毎日、日常的に使っている場所なのでなかなか自分では改善点が見いだせない方も多くいます。

単なる料理を作るだけのスペースと捉えず、自分や家族の健康の基になっている空間として捉え、物理的にも精神的にもスムーズに料理が作れる環境づくりが必要なのです。

その物理面と精神面の両方の学習ができ、心理学的な要素も修得できるキッチン資格を、これから人気ランキング順にご紹介しましょう。

「キッチン資格」は料理の資格とは異なり、「キッチン空間」の構成要素に関して設備の機能や仕様、設計に関する知識を有する方へ認定されるものです。

「キッチン資格」を活かした職務に関しては、経験が重視されたり、ガス、電気、水道等の防災や建築構造について問われる場合もありますが、人気になっている資格は「キッチン心理カウンセラー」や「キッチン心理アドバイザー」といった、生活に癒しをもたらし、受験にあたり制限がかからない認定試験が上位にランクインしていますよ。

資格を取得することで、キッチン関連の製造や販売、設計、施工などを行う業者と仲介の役割を果たしたり、個人で開業する方々のアドバイザーとして活躍し、インテリア、設備関連といった業種でその能力を発揮することが可能です。

【第1位】キッチン心理カウンセラー

「日本アロマメディカル心理セラピー協会」認定の資格です。

様々なキッチン施設、心理学の基礎、症状別の治療方法を十分に理解しカウンセラーとして活動できるとされた方が認定される資格です。

キッチンに関することのみならず、心理学的なことやカウンセリングに関することも修得できるので、非常に人気の高い資格になっています。
「キッチン心理カウンセラー」は、食料や飲料がもたらす心身への作用や、調理や生活をするうえで快適なキッチンやダイニングの環境を工夫、調整するといったスキルを身に付けており、認定試験を通過した方へ授与される資格です。

「キッチン心理カウンセラー」認定試験は、「アロマヒーリング」や「ストレスケアマネジメント」の資格も認定している日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が管轄なので、女性からの支持が非常に高く評判を集めていますよ!
🔴受験資格     特にありません

🔴受験費用     10,000円(税込み)

🔴試験日程・会場  偶数月毎に年6回 在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本アロマメディカル心理セラピー協会」のHPにて受付。https://www.domap.net/
キッチン心理カウンセラーはこちら

【第2位】 キッチン心理アドバイザー

「日本インストラクター技術協会」認定の資格です。

キッチンに関わる倫理、心理アセスメント、心理的アドバイスなどを十分理解したと認められた方へ贈られる資格です。

キッチン関係や心理的な部分に加えて、アドバイス(教える)能力も身につけられることから人気の資格です。
「キッチン心理アドバイザー」は食材や飲料が心身にもたらす作用をはじめ、リラックス効果、あらゆる心理的なアプローチを学ぶのはもちろん、食事を作るキッチンなどの環境にも配慮でき、今までよりはるかに快適な「料理環境」を創り出すことを可能にする資格です。

またチーム単位の心理アプローチの方法なども併せて学び、資格取得を通じて得られる知識の範囲が広いため、学習を進める方が増えていますよ。

さらに「キッチン心理アドバイザー」は「インストラクター」資格に定評のある、日本インストラクター技術協会(JIA)が認定を行っているので「アドバイザー」として「教える」立場を目指す方にも人気です。
🔴受験資格     特にありません

🔴受験費用     10,000円(税込み)

🔴試験日程・会場  偶数月毎に年6回 在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本インストラクター技術協会」のHPにて受付。https://www.jpinstructor.org/
キッチン心理アドバイザーはこちら

【第3位】 キッチンスペシャリスト

「インテリア産業協会」認定の資格です。

キッチン空間・機能・設計施工の知識を生かし、生活者のニーズに合った快適で使いやすいキッチンを提案・アドバイスできると認定された資格です。

キッチンの構成・設備機能・ガスや電気などの防災対策等々の知識が会得できることから、住宅設備、キッチン設備制作・販売・施工業関係に従事する方や就職しようとする方の取得が多くなっています。
「キッチンスペシャリスト」は、住空間におけるインテリアの普及、促進を目的として、公益社団法人インテリア産業協会が行う試験です。

住まう方のニーズに答えながら、キッチンの構成や使用について、末永く使い続けられるように専門知識を総合的に提供することを目的とします。

ですが、試験はそれぞれ120分の実技と学科に分かれ、受験地は札幌、盛岡、仙台、高崎、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、高松、福岡、沖縄に限られるほか、各々に受験料がかかります。
試験は学科と実技があり、同一日に実施されます。受験料は14,000円(税込み)。

詳細は「インテリア産業協会」のHP参照。https://www.interior.or.jp/

皆さんのご家庭のキッチンはいかがですか?イライラやストレスを感じていませんか?そのようなことがあるようでしたら、今回の「キッチン資格人気ランキング」を参考にチャレンジしてみてください。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る