キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

キャンドル資格

キャンドルは単純に作成するための技法や知識だけでなく、それを設置する場所やその雰囲気、実際に火を灯したときの変化などを総合的に加味して設計、製作していく必要があります。これらの知識と技術を持ち合わせた上で、正式に他の人々にインストラクターとして教えることのできる資格こそ、このキャンドルアドバイザー認定試験なのです。

キャンドルアドバイザーとは

キャンドルの製作は一見簡単そうですが、その素材や形を作る技術は奥が深く、実際に製作してみないと分からないこともたくさんあります。また、単純に形を作るだけでなく、芸術的な観点からも優れたものを作るためには、そのキャンドルがどのような場所で使われ、どのように火を灯し、どのようなムードを演出するのかを事前に知ったうえで設計していく必要があり、かなりの知識量を要求されるものです。こうした一連の製作知識、技術を取得した上で、空間演出に欠かせないアドバイスを適切に行ったり、実際に講師として指導ができる人材こそがキャンドルアドバイザーなのです。

キャンドルアドバイザー認定試験とは?

キャンドルアドバイザー認定試験は、日本インストラクター技術協会が主催する認定です。在宅で受験でき、10000円と非常に安価な値段設定から、近年人気が高くなっています。1カ月おきに試験が開催されていることもあり、自分の知識の習得度合いと相談しながら、気軽に試験日程を調整できるところも取得のしやすさを助けているでしょう。キャンドル関係の資格というのはそこまで多くはないだけに、日ごろのクリエイティビティとセンス、スキルが評価してもらえるキャンドルアドバイザー試験は貴重であるといえます。資格取得後は講師活動ができるため、企業や公民館などで講座を開くこともできるかもしれませんね。
キャンドル資格のキャンドルアドバイザーはこちら

キャンドルアドバイザー認定試験の口コミは?

・仕事の合間に趣味でキャンドル作りをはじめ、一通りのものが作れるようになってきました。最近では友人に頼まれてオリジナルなキャンドルを製作したりすることもあり、より自分のスキルを伸ばして活動の幅を広げる意味でもこの資格を取得しました。自分で時間を自由に使うことができるため、普段の知識も活用して非常にらくらく勉強できます。おかげさまで3ヶ月ほどで難なく取得できました。講師活動が可能になったことで、新たに自宅でキャンドル教室を開催しつつ、要望があればキャンドル製作をするなど私生活でもかなり充実した毎日を送っています。

・普段から仕事でインテリア関係を専門としていました。家具だけでなく、ダイニングやリビングなどの空間演出をしていくうちに、キャンドルの魅力に取り付かれて勉強をしていきました。実際の試験はちゃんと勉強していれば確実に取れるものですし、70%の正答率で合格ですからあまり苦労を感じず、楽しく取れました。何よりもキャンドルを含めアドバイザーとして箔がついたことに喜びを隠せません。他の資格は認定までに受講が多かったりすると結局費用がかさんでしまうため、トータルで見てリーズナブルだと思います。

おわりに

単純な製作技術だけでなく、空間的な演出も含め、適切にアドバイス、インストラクションできる人材は非常に貴重であるといえます。キャンドルを愛している人であれば、とても有効活用できる資格に間違いはありませんから、是非取得をお勧めします。
キャンドル  キャンドル


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る