キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

キャンドル資格
Pocket

キャンドルは近年日本でも人気を博しているインテリアです。そのキャンドルを材料から実用的な形へと作り上げる技術は非常に貴重なものです。また、実用的なだけでなく、芸術的にもセンスの効いたものを作り上げるのは至難の業です。そんなキャンドルデザインの認定資格についてご紹介していきます。

キャンドルデザインとは?

キャンドルデザインは、キャンドル作りの中でもそのフォームを決める重要な仕事です。単純なかっこいい、洒落た芸術的に優れたセンスに留まらず、良く使われる色彩や形状、そして実際に添加したときの雰囲気のかもし出し方までも考慮した製作が必要となり、非常に奥深いものと成ります。こうした、キャンドルデザインの総合的な知識は、より良いキャンドルを使用する上で非常に重要であり、なかなか目に見える形で能力を証明するのが難しい側面を持っているといえるでしょう。キャンドルデザインを自由自在に設計、製作することができるとしたら、クライアントやイベント個人個人に合った形で製作することが出来、まさにキャンドルひとつでその場を作り上げてしまうことが出来る、非常に有意義なものです。

キャンドルデザインマスター認定資格とは?

キャンドルデザインマスター認定資格とは、キャンドルを設計、製作するのに必要な技量と知識を有しているか総合的に判断していくものです。材料の種類や道具の決定、基本的な技法と色や演出、よくあるキャンドルの工夫や灯し方、具体的なキャンドルのレシピなどを総合的に問われるので、幅広い知識が必要となります。
試験は1ヶ月おきに実施されており、自分の時間と勉強の充実にあったタイミングでいつでも受けられるのが利点です。インターネットから簡単に申し込むことが出来、10000円で在宅で資格を取得できます。70%以上の正答率をもって見事キャンドルデザインマスターとして認定されることになります。
キャンドル資格のキャンドルデザインマスター

キャンドルデザインマスター認定資格の口コミは?

・もともとキャンドル自体が好きで、雑貨屋で購入しては家の中で最高の雰囲気を演出して楽しんでいました。自分でもっとこういう色にした方が良いのではないか、こういう封には出来ないか、といったアイデアやモチベーションが高まり、自分でもキャンドルを作れるようになりたいと思ったのです。仕事の合間に自分のペースで勉強していけるので、好奇心も手伝ってわずか2ヶ月で取得することが出来ました。友人からも作ってほしいと言われており、家や家族など雰囲気に合ったものを製作できると好評です。休みの日に、友人にも教えることができて、盛り上がっています。

・この資格を知るまで、全くキャンドルとは無縁の生活をしていました。空いた時間に何か資格を取ろうと軽い気持ちで調べるうち、インテリアにも良いかな、と勉強をスタート。案外やってみると楽しくて、簡単に覚えることができました。試験自体も自宅で受けられるので、非常にリラックスした状態で臨め、結果6ヶ月ほどで難なく合格となりました。これから始めようと思っている人にも敷居の低い資格でオススメです。

おわりに

キャンドルを作るというスキルは、実技面が高いこともあり場所も限られているのが現状です。自宅で簡単に勉強していけることからも、是非キャンドル好きな人は挑戦してみると良いでしょう。
キャンドル  キャンドル

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る