キャンドル資格ランキング

キャンドル資格
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
今回は、比較的新しい資格のご紹介です。それは、キャンドル!某有名女優がキャンドルアーティストの方と結婚して話題になりました。パーティーやイベントなどで役立つキャンドルについての5つの資格のご紹介です。

1位 キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)

注目のキャンドル資格ランキング第1位の資格が、キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)です。キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)とは、キャンドルを企画・デザイン・製作する仕事です。一口にキャンドルといっても、様々な色や形、香りなど、デザイナーの意匠を凝らした作品が沢山創作されています!資格としては、日本デザインプランナー協会が認定しています。
キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)資格を取得すると、スクールや教室での講師として活躍できます。男性の方は、女性に人気のキャンドル講座でいい出会いがあるかもしれませんね!?副業や仕事としてだけでなく、趣味として日常生活に活かせるのが人気の資格となっています。

資格はここ→キャンドルデザインマスター(キャンドルマイスターデザイン)資格試験

2位 JIAキャンドルアドバイザー

キャンドル資格ランキング2位の資格が、JIAキャンドルアドバイザーです。キャンドルアドバイザーは、様々な形状のキャンドルや、グラスやカップなどいろいろな容器に入ったキャンドル、アロマキャンドルなど香りをつけたもの、そうした多様なキャンドルの知識を身につけ、製作の技術を習得し、インストラクターとして指導が可能と認定された方が習得できる資格です。
もちろんインストラクターの名前通り、資格を習得後は、講師活動を行えるようになります。せっかく資格を取るのだから、収入を得る可能性があるのは嬉しいですね!

資格はここ→JIAキャンドルアドバイザー資格試験

3位 JCA認定キャンドルアーティスト

JCA(日本キャンドル協会)が運営する、キャンドルのプロと認定する資格制度が、JICA認定キャンドルアーティストです。キャンドルの知識や製作技術を有しているだけでなく、キャンドルを活用した空間の演出と、マーケットニーズに合わせた企画ができることが、キャンドルアーティストに求められる要件になります。
まずはクラフトコース講座、次にアーティストコースを学び、検定試験に合格すると、JCA認定キャンドルアーティストとして認定されます。段階的に知識や技術を学んでいけることが、初心者にも人気の注目資格です!

4位 キャンドルマイスターディプロマ

次に紹介するキャンドル資格が、キャンドルマイスターディプロマです。キャンドルマイスタ-ディプロマの特徴は、スタンダードコースとアーディフィシャルコースの2つのコースが用意されており、講座を修了すると、ディプロマとして認定証が発行されることです。
どちらのコースも通信講座でDVDとテキストで優しく学習できる上、必要な材料がセットされている講座のため、自分で準備する必要がいらない、学習しやすい資格なのが人気の理由となっています。

5位 JCA認定キャンドルアドバイザー

社団法人日本キャンドル協会(JCA)が運営するキャンドル資格が、JCA認定キャンドルアドバイザーです。資格取得希望者は、まず、JCA認定キャンドルクラフトコースの受講・修了が必要になります。その後、JCA認定キャンドルアドバイザーコースで講座受講と実技試験に合格すると、資格取得ができます。
資格を取ると、いくつかの要件を満たせば、資格を運営する日本キャンドル協会の認定スクールとして、認定校になることも可能です。認定校として、受講生の指導で収入を得る可能性があるため、キャンドルを仕事にしていこうという本気の方に向いている資格になります。

キャンドル資格試験講座を習う!人気のキャンドル資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のキャンドル資格試験講座スクールはこちらです。

キャンドル資格試験講座
キャンドル  キャンドル


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る