コーヒー資格ランキング

カフェ
Pocket

カフェや喫茶店などで提供されるコーヒーには、豆の種類、豆の挽き方、淹れ方、などによって様々なコーヒーを作る事ができることから、コーヒー専門店などが出店されています。世界中で飲まれているコーヒーには、様々な資格が存在しているので、今回はコーヒーに関する資格を幾つか紹介したいと思います。

1位 コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験

コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験は、日本安全食料料理協会が認定している資格です。日本安全食料料理協会が開催している講座を受講し、試験に合格することで資格取得となります。

資格はここ→コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験

2位 カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)資格試験

カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)資格試験は、日本安全食料料理協会が認定している資格となっています。試験はコーヒーに関する知識、エスプレッソ抽出・ドリップ抽出・焙煎・カッピングなどから出題されます。

資格はここ→カフェオーナースペシャリスト(カフェマイスター)資格試験

3位 JBA認定 バリスタライセンス資格試験

JBA認定 バリスタライセンス資格試験は、日本バリスタ協会が認定している資格です。日本バリスタ協会が開催している講座を受講し、試験に合格することで資格取得となります。試験は筆記と実技試験があり、筆記では、コーヒーの種類、淹れ方、引き方などの知識から出題され、実技では、エスプレッソ抽出、カプチーノ製造となっています。資格はJBAバリスタレベル1・2・3の3階級があり、試験は年2回(5月・7月)開催されています。

資格はここ→ JBA認定 バリスタライセンス資格試験

4位 コーヒーマイスター資格試験

コーヒーマイスター資格試験は、(般)スペシャルティコーヒー協会が認定している資格となっています。スペシャルティコーヒー協会が開催している養成講座を受講し、実技講習会、認定試験を経て資格取得となります。試験はコーヒーに関する知識、エスプレッソ抽出・ドリップ抽出・焙煎・カッピングの実技などから出題されます。資格は、コーヒーマイスター、アドバンスト・コーヒーマイスターの2階級があり、試験は年6回(偶数月)開催されています。

5位 コーヒーインストラクター資格試験

コーヒーインストラクター資格試験は、全日本コーヒー商工組合連合会が認定している資格となっています。全日本コーヒー商工組合連合会が開催している養成講座を受講し、検定試験を経て資格取得となります。検定試験は、コーヒーに関する基本的な知識と鑑定技術を習得しているかどうかが試されます。資格は、コーヒーインストラクター1級・2級の2階級に加え、最上位資格としてコーヒー鑑定士があります。試験は、1級は年1回(7月)、2級は年2回(5月・11月)開催されています。

コーヒー資格のおすすめ情報

コーヒーには、豆の種類も豊富にあり、豆の挽き方、淹れ方によって大きく味に影響することから、美味しいコーヒーを淹れるには技術を要します。コーヒーに対する知識・技術の証明として資格を取得されてみてはいかかでしょうか。

コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験講座を習う!人気のJSFCA認定 バリスタライセンス資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のコーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験講座スクールはこちらです。

コーヒーソムリエ(コーヒーアドバイザー)資格試験講座
コーヒー  コーヒー

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る