サックスを習い始めるときの楽器の選び方

資格ランキング
Pocket

管楽器であるサックスの特徴

サックスを学ぶためにサックスを購入しなければならない。もちろん借りて使う方法もありますが、管楽器の場合、口から音を出さなければなら関係で唾液が残っていたり、病気感染の恐れもある。したがって他人が吹い楽器を使用することは望ましくない。

だからお互いでサックスを売って買う場合でも、自分が使用しているマウスピースを持っていたり、少なくとも自分が吹いていたマウスピースを水でよく拭いて相手のサックスを吹いてみなければならない。

サックスを演奏することができる人は、サックスがあるのを見れば、吹いてみたくなる。 しかし、どれだけ吹いてみたくても、相手が先に吹いてみるかと勧誘されるまでは吹いてみたい気持ちを我慢しなければならない。その楽器は、所有者から大切にされている楽器であり、一人一人の演奏するスタイルが異なり楽器に影響を与える可能性があるからである。楽器は、メーカーの流通に乗っていくのではなく、所有者を渡って行く。主人がどのような道をに撮っかによって低コストの楽器でも、高級感のある音になるし、高価な楽器であっても、演奏者が上手くなければあまり鳴らない

サックスを習い始めるとき、どんなものを買ったらいいか4

初めてのサックスはいくらぐらい?

中国からの低価格のサックスが供給され始めたことによって、消費者は、楽器を購入するにあたり、金銭的な負担が大幅に減った。サックスはソプラノ、アルト、テナーに応じて価格が異なりますが、一般的にソプラノ<アルト<テノールの順で、価格が少しずつ高い。

現在サックスは3万円台から始めて100万円台の楽器もある。初心者の場合は、どのようなサックスを選択するべきだろうか?購入したい金額に合わせて買入することが正解だが、サックスを売るようになる場合を考慮して購入するのを考えておくと、後々損害を減らすことができる。サックスを学んで吹くが飽きてしまい、より良い楽器にアップグレードしたい気がするからである。サックスは構造が大きく小さな穴とその穴を防ぐタンポで構成されている。各穴の位置が正確でなければ、違う音程が出て、穴を防がなければならない程度に正確に防いでなければならないのに低価格の楽器の場合、時間が経過すると、変形する場合が多く、力の入れ具合で出したい音が出ない場合があります。だから個人的な見解を言えば、あまりにも低価格の楽器はお勧めしません。

サックスを習い始めるとき、どんなものを買ったらいいか3

先生や知り合いに相談してみる

最も損害が少ない方法は、中古サックスを買って、さんざん学んだ後に中古で再び転売することだろう。しかし、初心者の場合、中古サックスの良し悪しを識別することができる能力が不足して周辺の専門家の支援を受けることが賢明である。可能な場合は、現職のライブ演奏者やプロ奏者が使用していた楽器を買うと、無理がない。それだけ管理もよくされており、トーンも良い。サックスは、4段階程度の楽器の価格が形成されている。ステップ1(初心者用)は、ほぼ中国産で8万円台以下で販売されている。 現在は、中国産も品質が良くなったと評価している人もいる。しかし、記者が直接購入して演奏してみた結果、明らかに限界があった。しかし、価格性能比だけで計算したらそんなに悪いともいいきれない面がある。このような価格帯の楽器を購入すると、大きな損害はないようだ。新しい楽器の価格が低いため、その分損害率が少ないものである。しかし、この価格帯の楽器は、頻繁に音程をテストする必要がある。音程が間違っっている場合があり、特に低コストのソプラノサックスは高音がよく出ていないため演奏するのが難しい場合が多い。

サックスを習い始めるとき、どんなものを買ったらいいか

この習い事で活かせる資格は?

音楽療法士
http://www.brush-up.jp/guide/674.html
音楽療法とは、認知症や自閉症、精神障害などでお悩みの方に、音楽を通じて、回復の手助けや、心身のケアを行うリハビリを行える資格です。

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る