スープ資格人気ランキング

スープ
Pocket

食卓に欠かせない要素の一つであるスープ、日本では汁物として親しまれていますが、国が変われば当然ものも変わるため非常に多彩な種類が楽しめる食卓の華ですね。どうしても食事では主菜に目が行きがちですが、そもそも日本料においては椀に入る汁物は椀物・椀盛と呼ばれて最も職人が魂を込めるものだったりします。そのため、椀物は日本料理の花形とも呼ばれており、調理を担当するのもその料亭において最も技術が優れた料理人であることが大半です。というのも、出汁の取り方一つとっても極限の世界がそこには存在し、出汁に合わせた具材の選択やバランス、見た目にも細心の注意を払って作られるため、ある意味芸術品と行っても言い過ぎではないレベルの情熱が注がれているからです。
海外でもその存在はやはり代え難いもので、古代ローマの時代にさかのぼってもスープに関する記述が残っている文献が存在するあたり、古来より人々に親しまれてきた食事であることが伺えます。前述の日本の汁物は主に魚介や昆布で出汁を取るものが大半ですが、海外ではブイヨンがそれに当てはまります。これは動物性の肉から取れる出汁で、洋風料理の肝ですね。

軽くスープの話を冒頭で触れるだけでもこれだけの内容がありますが、こういったスープ専門の知識を得たいといった方が最近では増えてきているため、関連事業の需要が増しています。

今回はそういった需要にダイレクトに繋がるスープ資格人気ランキングです。

1位 スープマイスター

スープマイスターは日本安全食料料理協会が主宰している資格認定試験の一つです。
スープの歴史や器との関係、世界的に有名な三種のスープなど、スープに関する知識を広範に取り扱うスープ資格で、これさえ取得すればスープに関する大半の知識は得られると評判の人気資格です。また、知識だけではなくもちろん調理技術も取り扱うため、そういった面での資格取得を考えている人にもオススメできる資格と言えるでしょう。スープマイスターの資格は飲食業界での商品開発などでも実践的な知識として有用なのは間違いありませんが、個人レベルで取得する人も多いのがスープマイスターの資格の特徴です。というのも受験資格が特に制限がないため間口が広く、在宅受験可能な点や各種通信講座との提携もしていることから、非常に広い範囲の人を取り込んでいるからですね。突出した効力よりも平均的な効力で幅広い層の評価を集めているため、トップの人気資格となっています。

スープマイスターについてはこちら

2位  健康スープアドバイザー

健康スープアドバイザーは日本インストラクター技術協会が主宰するスープ資格の一つです。
主眼に据えているのが健康、そして指導者として活躍するための知識です。そもそもスープの利便性の一つとして挙げられるものが流動食という事です。健康を損なってしまった人にも問題なく摂取できる点からも、健康に有用なスープを作り出すというのは理にかなった視点と言えるでしょう。人に教えるという側面があるため、実際のスープレシピを数多く扱うほか、調理技術に関してもそれなりのものを求められるため、より実践的な力を養う意味でもこの資格は特にオススメの一つとなっています。
資格取得者は講師活動やカルチャースクールで活躍する人も多く、主婦の方が取得して趣味の料理教室を開業したという口コミや評判があるようで、かなり評価が高いスープ資格と言えるでしょう。

健康スープアドバイザーについてはこちら

3位 スープソムリエ

スープソムリエは日本能力教育促進協会(JAFA)が主催するスープ資格です。
このスープソムリエ資格は各所で通信講座が用意されている資格で、一から知識を覚えたい方や時間や費用が多少かかってでも何か資格を取ってみたいという人にはオススメできる資格です。試験に際しては合格課題を提出する必要があるため、実際に調理をする技術も求められます。
スープ資格  スープ資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る