ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

ドッグトレーニング
Pocket

かつての日本ではオオカミをヤマイヌと呼び、犬をイエイヌと呼んでいたそうで、ラテン語では家庭に属するという意味を持っており、英語やフランス語などでは慣れ親しんだという意味が「犬」という呼び名に込められているそうです。犬の呼び名に込められている事からもお分かりに様に、犬はとても人間に近い存在であることが判ります。犬は3800万年もの太古の昔、ある種族の動物が分化し、あらゆる進化を遂げて2300万年前にトマルクトゥスという犬の祖先が誕生した事が判っています。1万年以上昔の人たちが犬を家畜として人間の側で飼うようになってから長い間、人と犬との良好な関係を続け、時代や人々の生活の変化にもその絆が壊れる事無く、共に歩んできました。
犬は人間の感情や思いが分かっていると言われており、現在では家族の一員として、人生のパートナーとして犬と寄り添って生きている人も多くなりました。そこで、さらに犬と人間との良好な関係を築くために、しつけやトレーニングについて学ぶことで、より良い暮らしを営んでいけるドッグトレーニングアドバイザーの認定試験に就いてご紹介していきたいと思います。

ドッグトトレーニングアドバイザー認定試験とは?

JLESA日本生活環境支援協会が認定を行っている民間資格で、家庭犬のしつけや基礎的な事柄に関する知識を有していると認められたものに付与されている資格です。ドッグトレーニングアドバイザーの資格を得る事で自宅やカルチャーセンターなどを拠点に講師として犬と人との良好な関係を維持するために必要なしつけやトレーニング方法などを伝える事ができる、貢献度の高い認定資格となっています。

どのような知識を得る事ができるのか

アイコンタクト、ハンドサイン、おすわり、伏せ、待て、無駄吠えや甘噛みなどのしつけに関する基礎知識、散歩などのトレーニング基礎知識をカリキュラムに沿って学んでいく事でドッグトレーニングアドバイザーとしての知識を得る事ができます。資格取得者は主にペット関連の仕事に従事している者やペット及び犬が好きな方、家庭で犬を飼育されている方など、を中心に年齢や性別を問うことなく、様々な方が資格の取得をされています。
ドッグトレーニング資格のドッグトレーニングアドバイザーはこちら

ドッグトレーニングアドバイザー認定試験の概要

資格取得のための認定試験には職業や年齢及び性別等一切の制限がありませんので、どなたでも試験にチャレンジする事ができます。費用は10,000円で、受験は自宅をはじめとする各自が落ち着いて試験に挑むことが出来る環境を選んで自由な場所で受験が出来る在宅試験なので、自由な環境で資格取得が出来ます。また、費用には受験対策テキストなども含まれていますので、試験会場への費用等も必要がなく、無駄な費用が一切かからない所も多くの人がドッグトレーニングアドバイザーの資格取得にチャレンジしている要因の一つです。

ドッグトレーニングアドバイザー認定試験の気になる口コミ

・犬がいつも側に居る仕事がしたいと資格を取りました。今はアドバイザーとして活躍中で、夢が叶って充実しています。

・初めて家にペットを迎える事になったので資格を取りました。老犬の為に正しい知識は欲しいと思っていました。

・あんまりにも元気な我が家のわんこにしつけがしたくて…効率よく勉強が出来るので、すぐに資格が取れました。

など、他にも多くの口コミがあり、そのほとんどの評価で良評価を得ていました。特に、カリキュラムが簡素化ししており、試験対策を取りやすい点や、犬好きの人が家庭犬のしつけ目的に取得される方などが比較的多い様に見受けられます。

おわりに

現在ペットとして家庭犬を飼われている方も、これから飼おうと検討されている方も、人と犬の良好な関係を末永く築いていくためにはしっかりしたしつけを行なう必要があります。犬自身が様々な状況下でも自ら判断を行ない、家族として、パートナーとして寄り添える関係を築いていくためにも是非、これを機に資格取得にチャレンジされてみては如何でしょうか。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る