パワーストーン資格人気ランキング

パワーストーン

特殊な力を持つとされるパワーストーン。石によって効力は様々で、石同士の相性まであると言われています。恋愛運アップにはブルートパーズやローズクオーツやアメジスト、結婚運アップにはエメラルドやムーンストーン、金運アップにはターコイズなどなど。でも、なんでもかんでも身につけていればいいというものではありません。自分の思いや願いに合った石を選ばなければ意味がないからです。例えば、多くの出会いを求めている人であればローズクオーツ。まじめで誠実な人との出会いならばアメジスト。というように個人の願いに合うピンポイントの石の選択をしなければ、その人にとって最適なパワーストーンと言えないでしょう。それには、知識と応用力が必要です。

最近では「自分の願いに合うパワーストーンは自分で選びたい」という女性が急増し、パワーストーンについて様々な知識を得ている方が多くなっています。ここでは正しい知識を得るために、パワーストーンに関する基礎から応用、浄化法などの知識や技術を習得し、実践できる、と証明してくれる資格を人気順にご紹介しましょう。

人が生きるなかでは科学や物理学では説明のつかないことが起こったり、どうしようもない状況でも一手を打ちたい場合に、「見えない力」に頼ることがあります。「パワーストーン」などは「ストーン(天然石)」そのものの威力も去ることながら、ストーンをもった人の精神状態に良い効果を与え、メンタル面でサポートするエネルギーを発揮しますね。

「パワーストーン」や「天然石」のスペシャリスト資格やセラピストは、持てる知識を社会的に提示するための資格であり、仕事にするケースでもたいへん信頼され役立つスキルとして話題になっています。

《第1位》 パワーストーンスペシャリスト

「日本生活環境支援協会」認定の資格です。

パワーストーンの名称・種類・効果などの知識、パワーストーン同士の相性・組み合わせ方法、浄化法などを習得し、相手にとって最適なパワーストーンを選択できると認められた方に贈られる、とても人気の高い資格です。
「パワーストーン」は鉱物学との関連が高いだけでなく、歴史も長い分野です。「パワーストーンスペシャリスト」は、ストーンの扱いを熟知しているだけでなく最良の組み合わせでアクセサリー等の組み合わせを提案できるので、仕事として活かすのはもちろん、ご自身や周囲の方にとっても人生を豊かにできる内容になっていますよ。

認定試験にあたっては、受験料のみで試験を受けられるほか、申請後に自宅で受験可能なので居住地により資格取得で制限を受けることもなく安心です。
🔴受験資格     特にありません

🔴受験費用     10,000円(税込み)

🔴試験日程・会場  偶数月毎に年6回  在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本生活環境支援協会」のHPにて受付。https://www.nihonsupport.org/
パワーストーン資格のパワーストーンスペシャリストはこちら

《第2位》 天然石セラピスト

「日本アロマメディカル心理セラピー協会」認定の資格です。

天然石のパワー・効果・浄化法の知識、組み合わせや効果的な使い方、水晶の基本的な知識、アイテム別の効果的な使用方法のアドバイスができることを証明する資格です。カウンセリング技術も習得できる人気の資格です。
「天然石セラピスト」は、「心のケア」や「カウンセラー資格」の認定を多数行って名高い日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)の人気資格です。「天然石」は、石そのものを浄化して使うなど使用法について知識が必要であるのはもちろんですが、「天然石セラピスト」なら天然石の知識以外にも、叶えたい現実に合わせてストーンを選ぶ等「セラピスト」の力量をアピールできるので「心のケア」に関心の高い方にも向く資格として話題なのです。

また認定試験を受けるに当たって制限はないので、世代や性別を問わずどなたでもチャレンジできるよう体制が整っていますよ。
🔴受験資格     特にありません

🔴受験費用     10,000円(税込み)

🔴試験日程・会場  偶数月毎に年6回  在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本アロマメディカル心理セラピー協会」のHPにて受付。https://www.domap.net/
天然石資格の天然石セラピストはこちら

《第3位》 パワーストーンセラピスト

「日本能力開発推進協会」認定の資格です。

パワーストーンの種類や効能などの専門知識や、相談者へのアドバイス能力を備えていることを証明する資格です。2位の「天然石セラピスト」同様、カウンセリング技術も身につけられます。
「パワーストーンセラピスト」は「パワーストーン」の知識だけでなく、カウンセリングについても学ぶ点が特徴になっている通信講座です。パワーストーンアクセサリーを6作品作製しながらの受講となりますが、習得には4ヶ月ほどを要するほか、材料費を含む受講料が必要です。
🔴受験資格     協会認定の教育機関の全カリキュラム修了者

🔴受験費用     5,600円(税込み)

🔴試験日程・会場  随時 在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本能力開発推進協会」のHPにて受付。http://www.jadp-society.or.jp/

第4位 ストーンコンダクター

「日本パワーストーン協会」認定の資格です。

協会認定の教育機関のカリキュラムを受講し、課題をクリアすることで取得できます。
「ストーンコンダクター」は「パワーストーン」のスペシャリストを目指す講座で、日本人に適したパワーストーンの知識を習得できる点が大きなポイントです。代表的なストーンについて144種類の効果と組み合わせを学びますが、8回のレッスンへ通学が必要であり、費用も高額です。ほかに同協会が開催する「一級ディプロマ」のコースもあります。
日本人に適したパワーストーンを基本に、石の組み合わせやアクセサリーの作り方などが習得できます。詳しくは認定教育機関のHPをご覧ください。

🔴認定教育機関  学習フォーラム http://www.gakusyu-forum.net/

🔴日本パワーストーン協会 http://japan-powerstone.jp/

第5位 天然石検定

「天然石検定協議会」が実施している検定試験です。

「マスター認定」「1級ディプロマ」「2級ディプロマ」の3クラスがあり、協会内での活動やステップアップに必要となってきます。
「天然石検定」は健康や運勢に味方し、目標を叶えたり良い結果を導くために適切な「天然石」を市場で流通させ、その価値を高めるために設定された検定試験で、鑑定士とは趣が異なります。ただし、検定受験に当たっては規定の公式テキストを使用して学習するほか、検定の1級を受けるためには2級の取得とディプロマ登録が必要になり、試験を主催する側になりたい場合にはさらに別途手続きを踏む必要があります。
詳細は「天然石検定協会」のHPをご覧ください。http://www.tennenseki.jp/
パワーストーン天然石  パワーストーン天然石


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る