パン資格ランキング

パン
Pocket

手作りパン資格人気ランキング

DIYが流行したように、手作りや自作という文化が世間に浸透してきています。健康志向や節約志向とも言えますが、そもそも手作りにおける最大のメリットは、自分の手で作り上げたという喜びに尽きます。一つづつ素材を加工して失敗や努力を積み重ねたうえで完成を見るというのは、一つの仕事をやり遂げたという達成感で幸福を与えてくれるものです。

その中でも今話題になっているのが手作りパン資格で、単なる料理と違って家庭ではじめようにもどこで学べばいいのか、といった人も多いジャンルの一つとなっています。需要の高まりにつれてこういった手作りパン資格に関する情報を欲する人も当然増加しており、今回はこの手作りパン資格人気ランキングでご紹介したいと思います。

1位 手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエは日本安全食料料理協会が提供している認定資格の一つです。
単純なパン作りの資格の知識に加えて、健康に対してもアプローチしている手作りパン資格で、昨今の健康志向のニーズにしっかりと応える形なため、非常に高い評価を受けている人気の資格となっています。試験の難易度や受験費用、勉強期間等も丁度いいレベルでまとまっており、手作りパン資格を取りたい!と考えた際に一番におすすめしたいのがこの手作りパン健康ソムリエの資格です。チャレンジしようと思った際にすぐに実行に移せる受験資格のフリーさ等、気軽さが評価の一因を担っており納得の1位と言えるでしょう。
手作りパン健康ソムリエについてはこちら

2位 パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーは諒アーキテクトラーニングスクールが提供する資格試験です。
講座と一体型の資格を多く扱っている諒アーキテクトラーニングスクールですが、こちらもそれに漏れず資格取得と講座が一体化しているタイプの人気の手作りパン資格です。初心者の方でも気軽に学習に入っていける点が大きなメリットで、受験費用や学習費用もバランスが良いため、高い人気を誇っている資格です。取得後の効力も手作りパン資格の中でも上位で、アドバイザーとしての活躍を大いに期待できるものとなっています。
パン・ベーカリーアドバイザーについてはこちら

3位 おうちパンマスター

おうちパンマスターはcottaが提供する通信講座型の資格試験です。
公式の紹介が冗長な割に知りたい情報までダイレクトにアクセスできない、何故かFacebookのグループ参加が受験するにあたって必要など諸々目につく所はありますが、ある程度気軽に受験できる資格としては人気を博しているものと言えます。

4位 パンアドバイザー

パンアドバイザーは日本野菜ソムリエ協会が主催している資格試験です。
こちらは講座に実際に出席しないといけないため、スケジュール調整が難にはなってしまいますが、講座を指定回数出席したうえで試験に合格し、課題を提出すれば資格が得られるため、前述した点が気にならない方には特におすすめできる資格です。
ただし受講料が比較的高く、内容と価格が釣り合っているかは受験者次第となっていまう点は留意しておきたい所です。

5位 パンコーディネーター資格

パンコーディネーター資格は日本パンコーディネーター協会が主催する資格です。
難易度や知識に応じた3種類の資格が用意されており、段階に応じたものを選択できるのがメリットといえます。ステップアップで上位のものにチャレンジしていけるため、上昇志向の高い人にはおすすめの資格です。上位の通信講座と違い実際にパンに触れながら学んでいくため、本格的に学びたい方にもおすすめの資格です。

6位 パンシェルジュ検定

パンシェルジュ検定はパンシェルジュ検定運営委員会が主催する資格試験です。
こちらも入門レベルから順に3種類の級が用意されており、初級は合格率が80%と試験の難易度も易しい部類となっています。2級以降は流石にもう少し問題が難しくはなりますが、それでも全体の難易度としては緩い部類といえるので、そういった面での人気があるようですね。
手作りパン資格  手作りパン資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る