ピラティス資格人気ランキング

ピラティス
Pocket

ピラティスは、セレブから庶民にいたるまで幅広く人気のある体操のひとつです。継続的に進めることで、健康にとっても良いとされており、ダイエットを中心とした利用に関しても多くの人の間で話題となっています。

そんなピラティスに関する資格は非常に多くのものが存在しどれが良いのかなかなか判別が付かない部分があります。ここでは、そんなピラティスの資格をランキング形式で見ていきます。普段からピラティスに関心のある人、またスポーツのインストラクターの観点からピラティスに興味を持っている人も是非ご覧ください。

1位:ピラティスセラピーアドバイザー

ピラティスセラピーアドバイザーは、ピラティスの基本原則を理解し、身体の動かし方や集中力、想像力など心のコントロール方法などを熟知した人を認定するものです。ピラティスの実際の運動以外にも、日常生活のフィールドにおいて忘れがちな人間の日常行動にも着目し、睡眠時や食事、歩くときの姿勢などを意識してピラティスを活用できるので、人の身体を熟知した上で、その人の生活パターンをうまく使ってトータルで健康行動を習慣的にはぐくめるようサポートする専門家としての知識、経験を養うにはまさに理想的な資格といえるでしょう。

人にかかわる行動や運動、そして人の身体自体の知識を得たあとは、カルチャースクールでの講師活動や自宅などでも講演活動、啓蒙活動をすることができ、もちろん実際にピラティスをしながらそれを広めていくことができるので、ヨガをはじめ幅広い健康体操やスポーツに精通している人にとっては、まさにキャリアを伸ばすために最適な資格といえます。

2位:ピラティスエクササイズインストラクター

ピラティスエクササイズインストラクターは、ピラティスが人体に与える効果を正しく理解し、人間の身体の屈曲伸展といった運動をはじめピラティスの実際の現場で日常的に行われている運動を熟知していることを認定する資格です。単なる外骨格的な動きにとどまらず、呼吸や筋肉、そして関節の稼動域に至るまで、幅広い人体構造に関する知識を必要としており、基礎となる解剖学や運動学などをしっかりと勉強した上で、理論的に教えることができる良い証明となる資格といえるでしょう。

資格の取得後はその幅広い知識を活用してピラティスを深く学びたい人、またピラティスにとどまらず健康活動を実践したい人を対象に、公演や実演といった形でピラティスを広めていくことができるので、大変有意義であるといえます。特に初心者向けのエクササイズから、一人ひとりのシチュエーションや生活パターンに合った運動を日常生活の中で実践する手助けをすることができるので、こうした運動を世に広めたい人、運動を通じて健康分野に携わりたい人にとっては、かなり内容を包括した資格といえそうです。

3位:ピラティスマットインストラクター

ピラティスマットインストラクターは、主に最初にピラティスを学ぶ足がかりとなるものであり、マットの上でのピラティスの基本的な動作や体位、ニュートラルポジションといわれる基準となる姿勢やそれぞれの身体の部位の位置、そしてそれらを組み合わせた動作を総合的に学ぶことが出来るものです。

ラーニングマトリクスと呼ばれる運動学習に最適な教授法に基づいて学ぶことができるので、とても効率的にかつ的確に教えることができるといわれています。知識として筋や骨格の基礎に始まり姿勢の機能解剖などに及ぶまで科学的、学問的に習得することができるので、より一人ひとりにあった運動の方法を教えるには魅力的です。

資格取得後は、団体が認定する講師として活動することが出来るようになるほか、さらに上のレベルの資格を取得することも出来、継続的に学習していくことができるでしょう。特にパーソナルトレーナーとして、クライアント個人にあったオーダーメイドの運動処方を実践することができるので、こうしたキャリアを考えている方にとってはかなり魅力的な資格であるといえそうです。

4位:ピラティスマシンインストラクター

ピラティスマシンインストラクターは、ピラティスの中でも主にジムなどで身体を鍛えるトレーニングマシンを駆使したピラティスを教えることができる技術を身につけることができる資格、またその技術を持っていると認定された人に与えられる資格です。マシンピラティスは別名イクイップトピラティスとも呼ばれており、通常のマット運動だけでは成し得ない建設的な身体構築が可能な部分が大変魅力です。

非常に専門的に聞こえますが、器具をトレーニングを受ける人に調整することで、初心者から上級者まで幅広く扱うことができ、皆恩恵を享受することができるものです。身体に密着するような小型の器具から、ジムにおいてあるような中型および大型の機械まで幅広く駆使することができるようになるため、より本格的なエクササイズやアクティビティ、身体開発をサポートするコンセプトのキャリアを想定したインストラクターを目指すにはかなり良い資格です。

資格取得後は実際に器具を使って団体公認のインストラクターとして教えることが出来るほか、個人の受験者に対してもより実践的かつ短期間での効果をもたらすことができるなど、インストラクションの幅が広がることは間違いなしです。ジムでトレーナーとして働いたり、パーソナルトレーナーとして科学的なオーダーメイドを必要とする現場ではかなり役に立つでしょう。

5位:IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクター

IBMA認定 ピラティスベーシックインストラクターは、基礎的なピラティスの動きを理解しながら、同時にその身体の動きについて常に理論的な説明を実践できる、科学的な思考に基づいた講師活動が可能な能力を有した人材に与えられる資格です。実際に講師が身体を使い、またチームダイナミクスを運営することにより生徒同士が身体に触れ合うなどして、その場に存在する全員でアクティビティを成功させるような運営を求められます。

また、呼吸法や歴史なども体系的に学ぶことができるので、きわめて短期間でインストラクターとしての技量を心技体共に伸ばすことができるのが特徴であり、本格的にピラティスを主軸において活動をしていく人にとってはかなり良い資格であるといえそうです。

コースとしてインストラクター資格の取得を実施している背景もあり、計8回のコースに出席し、また3級からスタートして1級のマスターに至るまで、長く継続的に学習をしつつ、同時に経験もつんでいける仕組みとなっています。ピラティスを奥深く学び、マスターとして活躍したい、といったキャリアを考えている方にはまさに最適でしょう。
ピラティス資格  ピラティス資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る