ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーと聞くと、専門学校へ行き、飛びぬけた才能のある人だけがその道に進むようなイメージがありますよね。しかし実際は、アパレルメーカーの数だけファッションデザイナーは存在しており、専門学校へ行かなかった人でもその道が開けるように設けられたファッションデザイナー認定試験というものがあるのです。今回は、そんなファッションデザイナー認定試験の口コミや評判をご紹介していきたいと思います。

ファッションデザイナーとは?

ファッションデザイナーは、デザイナーの中でも服飾やファッションの分野のデザインを専門とする人のことです。一般的には、ファッションショーへ出展する人や大手ブランドのデザイナーなどがイメージされがちですが、実際にはどんなに小さなアパレルにでもファッションデザイナーは存在し、企業専属のアパレルデザイナー、フリーのデザイナーなど多岐に渡ります。ファッション関連の仕事の中ではダントツで花形職業であり、憧れる人は多くとも、センスが必要であるファッションデザイナーの仕事にはなかなかその分野に踏み込めない人が多いようです。
ファッション資格のファッションデザイナーはこちら
ファッションデザイナーの仕事は、実は自分のセンスに任せてデザインをするだけでなく、まずはターゲットとする消費者から見て魅力的な服を作る必要があるため、ちみつなマーケティングや戦略を立てないといけません。また、そのターゲットの選定をした後、その層のニーズやトレンドの調査、競合の商品の把握、色や素材、パーツ、縫い方、ディテールまでイメージし、コンセプトの企画などを行います。そして、デザインが決まったらパタンナーへ通達し、パタンナーが型紙を作成したのちに仮縫いをするのですが、そのシルエットをチェックしたり、工場でサンプルを製作する時の工場への細やかな指示を仕様書にまとめるのも、実はファッションデザイナーの仕事のうちに入ります。サンプルが出来上がったら最終チェックをして量産するのですが、デザイナーはここまでの工程にトータルで携わります。

ファッションデザイナー認定試験とは?

ファッションデザイナーになるためには、専門学校で勉強する以外にも、アパレルメーカーで経験をつんだり、デザイナーの下で修行をしたり、独学で勉強をしたりと様々な方法があります。
そこで、独学で勉強していく人たちの活路となるのがこのファッションデザイナー認定試験なのです。日本デザインプランナー協会(JDP)が主催する民間資格で、ファッションの名称や形、機能面やデザイン等の知識を持ち合わせた人へ与えられます。受験の申請はインターネットから申し込みができ、受験方法も在宅となるので、自分のタイミングの合う時間に受験ができることも人気の理由のようです。
各種デザイン関係や服飾関係の仕事から広く需要があります。この資格を取得すると、アパレルメーカーへの就職を考えている方は就職活動に有利になるようです。また、今すでにファッションデザイナーとして働いている人がさらなるレベルアップとして資格を取得するケースもあります。

ファッションデザイナー認定試験の口コミや評判

実際にファッションデザイナー認定試験を受講した人からの口コミや評判としては様々な意見が寄せられています。

・販売員でも持っていると接客がしやすい。
ファッションデザイナーとして働くわけでなくても、アパレル販売員として働く上で持っていると便利だという声が上がっています。接客するさいに、デザインや生地の説明をするときに、より詳しく詳細を説明できるので、接客がラクになるようです。

・就職活動をする際の勇気になった。
デザイナーとして働きたいと思っても、何も持っていないとちょっと面接も気がひけてしまいますよね。そんな時にこの資格を持つことで、面接に行こうという勇気が持て、実際に面接官からもこの資格が重宝され就職にいたったケースもあるようです。持っているとアパレルメーカーへの就職に有利になる資格と言えそうです。

おわりに

ファッションデザイナーという仕事はなんとなく手の届かない場所にあるようなイメージを持っていましたが、こういった認定試験があると身近に感じられますよね。そういったことから近年人気急上昇中の資格なので、ファッションデザイナーの仕事に興味のある方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?
ファッションデザイナー  ファッションデザイナー


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る