ファッションデザイン・デザイナー資格ランキング

ファッションデザイナー
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
今回は、ファッションデザイン・デザイナー資格についての資格を6つご紹介!あなたのセンスを活かしてみませんか?将来は自分のブランドを持つ事も夢ではないかも!?

1位 ファッションデザイナー

ファッションデザイナー資格は、JDP(日本デザインプランナー協会)のファッションデザイナー認定試験に合格すると取得できます。ファッションデザイナーは、服のデザイン、色、素材などを考えて形にする、クリエイティブな職業です。ファッションデザイナー資格は、このファッションデザインを行ううえで必要となる知識や技能を有していると認定された人に、資格が与えられます。
有名アパレルブランドのデザイナーは、志望者も大変多い狭き門ですが、ファッションデザイナー資格を持ち、ファッションデザインについての知識や技能を持っている証明ができると、就職や転職にダンゼン有利に働きます。ファッションデザイナー資格を取得して、あこがれのファッションデザイナーを目指してみてはいかがでしょうか??

資格はここ→ファッションデザイナー資格試験

2位 服飾インストラクター

ファッションデザイン・デザイナー資格ランキング第2位の資格が、服飾インストラクターです!服飾インストラクターは、服飾、すなわち、デザインやスタイリングについての豊富で深い知識が問われる、服飾インストラクター認定試験に合格すると取得できる資格です。ファッション業界で働く人にとっては、まず取っておきたい資格ですね。もちろん、これから働こうと考えている人も、ぜひ取得しておきましょう!
仕事にはもちろん、日常生活における着こなしやスタイリングにも活かせる、お役立ち資格です!

資格はここ→服飾インストラクター資格試験

3位 パーソナルカラー検定

パーソナルカラーとは、ある人が生まれつき持っている、髪や瞳や肌などの色と、似合う色のことで、色彩学に基づき理論化されている概念です。このパーソナルカラー理論に関しての、知識と技術を一定レベル以上有しているかどうかが、パーソナルカラー検定で測定されます。
このパーソナルカラー検定は、初級・中級・上級に分かれているため、順々に知識や技能の習得を目指せるため、無理なくパーソナルカラーについてのスキルを身につけられる、人気の資格となっています!

4位 カラーコーディネーター検定

モノにはすべて色があり、無意識のうちに人々は色から様々な影響を受けています。そうした色の特性を、実際のビジネスの現場で活かせる仕事が、カラーコーディネーターです。カラーコーディネーター検定は、色の性質や人に与える影響など、色についての知識を学び習得できる検定です。
色に関する専門家として、キャリアアップやキャリアチェンジの可能性が広がるので、様々な業種で働く人が受験している資格です!

5位 ファッションビジネス能力検定試験

ファッションビジネス能力検定試験は、ファッションビジネスに必要な様々な知識、マーケティングやマーチャンダイジング、マネジメントやプロモーションについての知識を有しているかどうかを認定する資格検定試験です。検定試験は、1級から3級まで分かれています。
 ファッションビジネスで働く上で、必要になる知識を体系的かつ総合的に身につけているかどうかを客観的に測定できる資格のため、業界では必須の資格といえるでしょう。

6位 色彩検定

色彩検定は、色についての知識や技能を幅広く問う検定試験です。スタートしてから20年以上、120万人以上の志願者数を誇る、歴史があり規模の大きい検定になります。検定のために学習することにより、感性でなく科学的に色を活用する能力を身につけられます。
 検定は1級から3級まで、3つの級があり段階的に資格を習得できる。

ファッションデザイン・デザイナー資格試験講座を習う!人気のファッションデザイン・デザイナー資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のファッションデザイン・デザイナー資格試験講座スクールはこちらです。

ファッションデザイン・デザイナー資格試験講座
ファッションデザイナー  ファッションデザイナー


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る