フルーツ資格人気ランキング

フルーツ
Pocket

フルーツは古来から栄養補給のための重要な食料として知られて来ました。フルーツには、野菜など以上に多くのビタミンやミネラル分が含まれており、人の体を若々しく健康に保つことができる優れた栄養素を内包しています。それらを効率よく使うには、他でもない専門家の力が必要ですが、具体的にどういった資格を取得したらよいのか悩みどころです。そんな方に、フルーツに関する資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位:オーガニックフルーツソムリエ

オーガニックフルーツソムリエは、無農薬で育てられた身体にやさしいフルーツに関する知識を深く習得した方を認定するものです。通常の化学肥料や薬品で育てられるフルーツは非常に大量生産には向いているものの、その毒性は微量ながらも私たちの身体に影響を与えます。オーガニックで育てられたフルーツは正真正銘の自然な果物であり、その栄養素も手間隙をかけて作られているだけあって通常のフルーツを圧倒しており、また何よりも味がよいのが特徴です。こうしたオーガニックに関する基礎知識があり、それをフルーツの幅広い知識とつなぎ合わせることができれば、より安全でおいしいフルーツの食べ方を提案することができます。普段から飲食店などでフルーツを取り扱っている人にとってはかなりお得な資格といえるでしょう。
資格取得後は、オーガニックフルーツを主軸としたフルーツソムリエとして、さまざまなフルーツに興味がある人にその知識や食べ方を教えることができます。自宅やお店だけでなく、カルチャーセンターなどで講座を持つことも夢ではありません。オーガニックとかかわりのある健康分野で働く人にとっても、食と健康というコンセプトから、大変有益な資格となりそうですね。、

2位:果物インストラクター

果物インストラクターは、果物についての細かい知識を習得しており、その知識を使って正しく果物を選別し、そしておいしく効果的に食べられるよう指導できる能力を認定するものです。世界的に見て、特に日本においては非常に四季がはっきりしていることもあり、果物の中にも旬と呼ばれる時期が存在します。旬の食べ物は、普段よりもおいしいといわれますが、それは内在している栄養素もより豊富になっているため、かなり身体によく、健康志向の人にとってはうってつけの食べ物となります。特にダイエットをはじめ普段から食事に気をつかい果物を摂取している人、ジムのインストラクターや健康をつかさどる仕事に従事している人にとっては、頼もしい資格であるといえるでしょう。
資格取得後は、果物インストラクターとして、より果物を効果的に選定しそしておいしく食べられるよう、疑問を持つ人などにアドバイスをする立場へとなっていきます。健康志向で果物にも大変人気があるので、カルチャースクールなどで多くの方を相手にレクチャーをする機会なども持てそうですね。果物を通じて、より食事を楽しく、健康になるような活動をしていきたいと考えている人は、今後のビジネスの展望も含めて、かなりオススメです。

3位:フルーツ検定

フルーツ検定は、フルーツに関するさまざまな種類や、ここのフルーツに関する特徴を熟知している人を認定するものです。単純にフルーツといっても、種類や形、味などとてもさまざまなものが存在し、それぞれおいしい見分け方が存在します。こうしたフルーツごとのポイントを学ぶことで、スーパーや果物屋さんなどよりよい品物を手にすることができ、日々の暮らしをより魅力的にすることができるのです。学習しながら知識を深めていけるので、単純にフルーツに対して興味の強い方であれば、楽しみながら知識を習得していくことができるでしょう。
資格取得後は、実際に検定で見につけた知識を利用して、フルーツをうまく選定し、日常生活に役立てることが出来ます。仲間内はもちろんのこと、贈り物や人づてに相談なども受けられるようになるので、とても活動の幅が広がりますね。特に野菜や果物、ギフトなどに関する仕事に従事している人にとっては、ひとつの重要なスキルとしてビジネスチャンスにも広がることは間違いありません。中級、上級と続いていくので、より知識を勉強し続けていくこともできるのがよいところです。

4位:ベジタブル&フルーツアドバイザー

ベジタブル&フルーツアドバイザーは、無数の種類がある野菜や果物など、個々の種類と特徴を詳しく熟知しており、より効果的な調理法により、最大限の健康効果を得られるようにしていくことができるアドバイスができるだけの技能を持ち合わせていることを認定するものです。せっかくおいしい野菜や果物でも、効果的に保存および調理をしないとその貴重な栄養素が壊れてしまい、十分な効果を得られないばかりか、味を落としてしまうことにもなりかねません。こうした深い知識を、栄養学的・科学的にエビデンスのある中から知ることができます。一般の主婦の方だけでなく、料理を専門とした仕事に従事している人、料理教室などにかかわる人にはかなり重宝する「資格といえそうです。
資格取得後は実際にアドバイザーとして、その知識を具体的に伝えていく役割を担うことになります。自宅やカルチャースクールといった場面ではもちろんのこと、自分自身の料理のビジネスと関連させてより効果を大きくしていくこともできますから、とっておいてまったく損はありません。野菜とフルーツ両方を広い視野で習得できるため、内容が偏っておらず、とても使える資格ですね。
フルーツ資格  フルーツ資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る