フレンチ資格人気ランキング

フランス料理
Pocket

フランチと聞くとどのようなイメージを抱くでしょうか。マナーや作法が難しそう、緊張してしまう、オシャレなレストランで食べるようなもの、といったものをイメージされた方も多いかと思いますが、フランス料理の起源はフランス王国の宮廷料理のため、一般的な人であれば実際そういったイメージを持つのもおかしくはない事が分かります。
とはいえ、昨今ではより親しんでもらえるようにカジュアルな所が増えているほか、そもそも作法や分からないことはウェイターに直接聞けばそれが仕事の一つのため、親身になって教えてくれるので特に不安がる必要はないのです。なかなか家庭料理としては目にかかることが少ないものですので、余計に緊張してしまうといった面もあるかもしれませんね。とはいえ人気としてはやはり格式が高いもののイメージがありこそすれ、幅広い年齢から支持される料理のジャンルです。

実際に自分で作りたい、といった人が増えてきていることもあり、最近では家庭用のフランス料理を教える人材の不足が深刻なため、そういった需要が年々増してきています。今回はそれに応える形でフレンチ資格人気ランキングのご紹介です。

1位 フレンチソムリエ

フレンチソムリエは日本安全食料料理協会が主催している資格認定試験の一つです。
この資格はフランス料理の基本となる知識を主に扱うため、各種料理の名称から食材などの土台となるもの、食事の際のマナーにも勿論対応している資格です。フランス料理にも季節感はありますから、そういった旬の素材に関する知識もカバーしており、基本的な知識を広い範囲で抑えていることを証明できる反面、受験資格としては非常に緩い部類なため人気を集めている資格です。どんな世代の人にもチャレンジできる点が最大の特徴で、その受けやすさからも評判を上げています。そこまで専門的な知識を必要としないため、趣味の範疇で考えられる点も気軽さに拍車をかけており、多くの人に支持されているのも納得の資格試験といえるでしょう。

フレンチソムリエについてはこちら

2位 フランス料理インストラクター

フランス料理インストラクターは日本インストラクター技術協会が主催する認定資格です。
こちらはフランス料理に欠かせない存在であるワインに関する知識にも触れている資格で、ブルゴーニュやブルターニュ地方の郷土料理の知識と合わせて考えるとスムーズに入っていけるでしょう。また、インストラクターと銘打ってある通り指導に必要な知識が主となってきますが、何もそこまで深い知識ではなく、あくまで趣味を引き上げたレベルである所も注目すべき点です。これはデメリットではなく、例えば趣味レベルの料理教室を利用する人をターゲットにすると引き込みやすさが格段に上がるため、そういった事をメインに扱えるというのは大きな強みと言えるでしょう。フランス料理店における入退店マナーや食事作法に関するものも扱うため、よりそういった層に対しての指導をメインに考えている方にはうってつけの資格となっています。
こちらも在宅受験が可能な点や様々な点から比較的受けやすい部類のため、チャレンジするならこの資格、といった強みがあります。

フランス料理インストラクターについてはこちら

3位 フレンチ薬膳ビューティーアドバイザー

フレンチ薬膳ビューティーアドバイザーはヒューマンアカデミーが主催する資格です。
こちらは養成講座と一体化しているタイプのもので、1~3ヶ月の受講をしたうえで卒業課題を提出することで資格が付与されるタイプのものとなっています。このタイプのものの特徴として費用が高めになるという反面、通信講座で学習する導線が用意されているというメリットが存在します。一から腰を据えて始めるのであればこちらも選択肢としては上位に入ってくることでしょう。認定料や試験料などは全て講座に含まれているため、分かりやすいのもポイントの一つですね。
フレンチ資格  フレンチ資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る