ベランダ菜園資格人気ランキング

ベランダ菜園

ベランダでミニトマトやほかの野菜を栽培し、とれたてで安全な野菜を家族みんなで食べたい。こんな願望を抱いている人がとても多いですね。実際にやっていらっしゃる方も大勢います。自分で作るのですから、これ以上安心な食材はないですね。でも、庭や畑でやるのと違い、プランターや鉢などの決められた枠で栽培するのは、意外と難しい面があります。手軽に始められる反面、やり始めたはいいけど、なかなかうまく作れず、途中で挫折してしまったという話しはよく聞きます。ベースになる土づくりや肥料、水やりや日当たりの管理などを理解していないとこういった事態を招くことになりかねません。せっかく揃えた道具や植物も「もったいない」ですよね。

まずはベランダ菜園にあった植物を理解し、栽培・管理方法を会得してから始める。これが1番いいのではないでしょうか。安全な食のために、そして無駄にしないために、ベランダ菜園の基本から応用までの知識を身につけられる有意義な資格を、これから人気順にご紹介しましょう。

「家庭菜園」や「レンタル農園」が市民権を得て、庭先やベランダ等で独自に野菜や植物を育てる方が男女問わず増えてきました。

「ベランダ菜園(家庭菜園)」資格や講座は、野菜や植物の育て方、管理方法の基本を学ぶほか、無農薬栽培や有機農法に挑戦できるので健康面や節約などに配慮できるだけでなく、技術的な展望も望める点がポイントになっています。

なお「ベランダ菜園(家庭菜園)」資格は特に、自分の技術を証明してアドバイザーやインストラクターとして活躍したい方の人気が高く、指導する立場に利用するために取得されるほか、「ベランダ菜園(家庭菜園)」の実践と並んで資格を取得される方もいて、トレンドとともに人気を高めるスキルとなっているところです。

第1位 ベランダ菜園アドバイザー

「日本生活環境支援協会」認定の資格です。

ベランダ菜園での野菜・植物の基礎知識、栽培方法の知識と技術、土・水・日当たりなどの管理方法等が習得できる資格です。マンションに住んでいる方や屋上で栽培を考えている方などを中心に、とても人気のある資格です。

庭で栽培するのと違い、プランターなどの箱モノで栽培するのは手軽にできますが、土や水などの管理がなかなか難しいものです。この資格を取得すればそういった知識を会得でき、ベランダ菜園のプロフェッショナルになれるでしょう。
「ベランダ菜園アドバイザー」は、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定を受け持つ「アドバイザー」資格で、「ベランダ菜園」のノウハウをくまなく網羅し、技術的にも長けた方へ認定される資格となっています。

試験は2ヶ月に1度を目安に申請できるので、認定試験を受ける側のプランも立てやすく、自宅で受験できるので主婦の方でも無理なく挑戦できて評判ですよ。
🔴受験資格     特にありません

🔴受験費用     10,000円(税込み)

🔴試験日程と会場  偶数月毎に年6回  在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本生活環境支援協会」のHPにて受付。https://www.nihonsupport.org/
ベランダ菜園資格のベランダ菜園アドバイザーはこちら

第2位 家庭菜園インストラクター

「日本インストラクター協会」認定の資格です。

野菜や植物の名称・種類・特徴、栽培方法、土や肥料などの知識、害虫対策や雑草の駆除方法などが習得できる、人気の資格です。これから家庭菜園をやろうとしている方や、なかなかうまく作れないという方には、ぜひお勧めの資格です。学習していくうちに失敗の原因などが理解でき、より良い野菜作りができるようになります。
「家庭菜園インストラクター」は「家庭菜園」の技術に特化した資格で、野菜や植物を栽培するノウハウを習得した方に認定される資格で、野菜の成長が芳しくないなどのケースでも、解決方法を見つけて対処できるレベルを目指すものです。日本インストラクター協会(JIA)が認定を担う「インストラクター」資格であるため、自身が「家庭菜園」に勤しむ以外に、教えることを目的とした方の受験も増えています。

なお、指導する立場では明確な資格が認定されていると仕事の目途が立ちやすいため、趣味としてだけでなく起業等を視野に入れて受験を志す方も目立ってきていますよ。
🔴受験資格     特にありません

🔴受験費用     10,000円(税込み)

🔴試験日程と会場  偶数月毎に年6回  在宅試験方式

🔴合格基準     70%以上の評価が必要

🔴申し込み方法   「日本インストラクター協会」のHPにて受付。https://www.jpinstructor.org/
家庭菜園資格の家庭菜園インストラクターはこちら

第3位 美味安全・野菜栽培士

「日本園芸協会」の「野菜づくり講座」を受講し、すべての課題をクリアーすると取得できる資格です。

野菜の基礎知識、土や肥料に関する基礎知識、栽培方法、漬物・ジャム・野菜ジュースなどの加工方法等、野菜に関する様々な知識が会得できます。
「美味安全・野菜栽培士」は、無農薬や有機栽培野菜の人気を受け、自身の家庭の庭や畑、ベランダで野菜栽培を手掛けたい方に人気の資格ですが、受講の必要があります。野菜の基礎知識に始まり、レアな野菜の栽培方法まで野菜づくり全般の技術を身に付けられ、日本園芸協会(JCS)の管轄です。
🔴学習期間   6か月

🔴受講料    43,000円(税込み)

🔴申し込み方法 「日本園芸協会」HPにて受付。 http://www.gardening.or.jp/

第4位 家庭菜園検定

JAが後援していた「家の光協会」が主催していたのですが、残念ながら現在休止中となっています。再開の予定はまだはっきりしていないようです。
「家庭菜園検定」は、野菜づくりの上達を目指して、経験に加えて知識の習得を目指すもので、決められた参考テキストを使用します。

検定に至っては、試験仕様になっており3級から1級まであり併願も可能ですが、1級は2級取得者のみが受験でき、受験地は東京、大阪、名古屋、仙台、福岡の5都市に限られます。
ベランダ菜園  ベランダ菜園


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る