メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験口コミ評判

音楽セラピスト

人間の心を癒す職業には様々なものがありますが、中でも音楽と組み合わせて心理技術を使い、人々に癒しの効果を与えていく技術を認定するのがメンタル心理ミュージックアドバイザーです。そんな認定資格についてご紹介していきます。

メンタル心理ミュージックアドバイザーとは

現代人は様々な面でストレスのかかる生活をしています。ストレスを解消するためには、運動をしたり趣味に没頭したりといった対処をしますが、音楽というのも絶大な効果を秘めていることが分かっています。こうした音楽が人間の心理に与える影響を学び、それを有効活用していくことで、最大限の癒しを与え、ストレスや過労などの問題を改善し、健康維持をしていくことが出来るのがメンタル心理ミュージックアドバイザーです。

心理的な勉強も同時に行っていくため、人間を深く理解し、人間への洞察力を高めることで、様々な場面において音楽と絡めながらアドバイスができる能力を持っている、一風変わった役割を持つアドバイザーといえるでしょう。

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験とは

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験とは、日本アロマメディカル心理セラピー協会が実施する認定資格を取得することの出来るものです。
送られてきた課題を自宅で勉強し、提出することにより、最後に試験を受けることで晴れてメンタル心理ミュージックアドバイザーとして認定されます。通常のコースは学習、添削し、試験を受けて合格することで資格取得ができます。一方でスペシャル講座も用意されており、学習、添削の後卒業が決まると、試験免除で資格が取得できるものも存在します。
自宅で学習でき、自分のペースで進めていくことが出来ます。ただ、参考書などを自分で用意することが必要であり、勉強も独力で行う必要があります。一方で講座を受験すると、すべての教材などが一緒についてきますが、その分値段も跳ね上がって10万単位になることも珍しくありません。どちらが良いかは、自分の新しいことを覚える際の学力と能力を考えた上で決めていくと良いでしょう。

メンタル心理ミュージックアドバイザー認定試験の口コミは?

・病院の中の実務でも役に立つ資格!
精神科で技術員として勤務をしています。日々患者さんと向き合う中で、少しでも音楽の力を役立てることは出来ないかと考えており、いろいろ調べていくうちにこの資格に出会いました。勉強は自分自身で興味を持って行っていたため、とてもすんなりと資格をとることが出来ました。70%の合格で資格が認定されますから、比較的初めての人でも取りやすいかもしれません。お蔭様で、レクなどで音楽を使った療法を取り入れるプログラムに参加させてもらったりと幅が大変広がって嬉しい限りです。
音楽療法資格のメンタル心理ミュージックアドバイザーはこちら
・趣味から発展して仕事にできる資格!
音楽が好きでずっと活動を続けていました。しかし、実際に音楽だけでは食べていけないのも事実、何か少しでも人の役に立てるようになりたいと考えていました。そこで、インターネットで見つけたこの資格を取得し、合格。元々音楽をやっていたこともあり、さくさく進みました。講座形式のものを受講したため、非常にテキストも分かりやすく、簡単に資格がとれました。空いた時間で老人ホームでの仕事に呼ばれることも多くなり、楽しんで仕事をしています。

おわりに

音楽が好きな方にとっては非常に有益な資格でしょう。なかなか評価が難しい能力を心理面と絡めて武器にできるのですから、是非音楽が好きな人には取得することをオススメします。音楽をやっている人は優しい人が多く、心理職とも親和性が高いのかもしれませんね。
音楽療法士  音楽療法士


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る