ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ワインソムリエ

ワインコンシェルジュという仕事に興味がある方も増加しています。近年はワインブームもあり、その需要も拡大しているのが特徴です。特に専門的にワインを扱っている店では、中途半端な知識でワインを提供することはできません。そこで必要となってくるのがワインコンシェルジュなのです。近年はその認定試験も受験者が多くなり、より注目される仕事となってきているので、知っておいて損はありません。

ワインコンシェルジュとは?

ワインコンシェルジュとは、簡単に言えばワインについて専門的な知識を有している人のことを言います。ワインというのは、専門的な知識を持っている方も少ないため、より専門的な知識を持っている人が重宝されます。ワインコンシェルジュは、そういうワインの知識を専門的に極めた人であり、飲食店はもちろん、ワインを扱っている店全てで活躍することができます。
また、近年はソムリエなど、ワインに関する知識を有している方が増加していますが、そんなソムリエの職業の方もワインコンシェルジュ認定試験を受けている方が多いです。ワインはブドウの品種一つで大きく味も風味も豊かさも変わってくるため、それらを見極めるための人材としてワインコンシェルジュの重要も高まっています。

ワインコンシェルジュ認定試験とは?

ワインコンシェルジュ認定試験は、ワインのスペシャリストを育てるため、もしくはすでに知識を有している方が再確認するための試験となっています。実際にワインはその年ごとに味が異なるため、作り手の意図を読みつつ、天候や環境の違いによって違う味を見極めることが必要です。そのためにはワインの知識だけではなく、その国の風土や産地の環境などについても知っておく必要があります。ワインコンシェルジュ認定試験では、そういうワインに対する基礎的な知識を持っている方を認定するための試験と言えるでしょう。ただ、知識は無限に増え続けると言っても良いもので、ワインは特に年々色々なものが開発されているので、必要となる知識は増え続けると言って良いでしょう。

ワインコンシェルジュ認定試験の口コミや評判

ワインコンシェルジュ認定試験を受験した方は、実際にこの認定試験に対して、どのような考えを持っているのでしょうか。

・ワインコンシェルジュとしてワインのプロのなりたかったため、認定試験を受験しました。実際にワインコンシェルジュとして認定を受けてから、色々なところで活躍させていただいています。仕事自体はワインに関することなので、自分の身に付けた知識をそのまま活かせるというのは大きなポイントだと言えるでしょう。
ワイン資格のワインコンシェルジュはこちら
・ワインコンシェルジュの仕事は色々な幅が広いですし、働けるところも増加しています。特にバーやカフェはもちろん、飲食店全般で働くこともできるので、より職業選択の自由が広がるのも特徴です。また、ワインについて知識が増えるので、よりワインの専門家としての仕事が増えます。

おわりに

ワインのプロというのは、日本はまだまだ少ないと言えます。その一方で、ワインに対して知識を身に付けたいという方も多くなっていて、その知識を試す場としてワインコンシェルジュ認定試験があるのです。興味がある方は受験してみてはいかがでしょうか。
ワイン資格試験講座
ワイン  ワイン


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る