ワイン資格ランキング

ワインソムリエ
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
今回は、ワインに関する注目の資格5つをご紹介します。ワインの資格を取得すると、食事会や飲み会などで、ちょっとした“うんちく”を語れそうですね。そのうち、あなたの体もワインでできている!?

1位 ワインコンシェルジュ

JSFCA(日本安全食料料理協会)が実施運営する、ワインコンシェルジュ認定試験に合格すると取得できるのが、ワインコンシェルジュです。試験については、ワインに関する総合的な基本的な知識、歴史や産地、品種や格付け、特徴などが問われます(受講料1万円)。
ワインコンシェルジュを取得すると、ワインパーティーやセミナーでの講師ができるほか、飲食店・ワイン流通や製造など、ワインに関する幅広い職で働くことができます。ワインについての専門家として認められる資格になります。人に羨ましがられること請け合いの資格です!

資格はここ→ワインコンシェルジュ資格試験

2位 ソムリエインストラクター

ソムリエインストラクターは、日本インストラクター協会が主催する試験に合格すると取得できます(受講料1万円)。ワインの品種や原産地、製造方法など、ワインについての基本的な様々な知識と、そうした沢山の種類のワインを料理にどう合わせるかを考え、お客様に最善のワインを提供するのが、ソムリエインストラクターです。ワインを取り扱う飲食店等で働く場合は、ワインの仕入や保管、管理などもソムリエインストラクターの仕事になります。
もちろん、ワインコンシェルジュと同様に、講師活動も行える資格です。「ワインの先生」っていい響きですね。

資格はここ→ソムリエインストラクター資格試験

3位 ワインエキスパート

ワインエキスパートは、一般社団法人日本ソムリエ協会が認定する、ワイン愛好家のための“呼称“になります。条件として、①ワインの品質判定に的確なる見識を持つ20歳以上の方で、②ソムリエ、ワインアドバイザー職種に就かれていて、受験に必要な経験年数に満たない方となっています。ソムリエ、ワインアドバイザー職種とは、「ワインおよびアルコール飲料を提供する飲食サービス業に従事している方」と「ワインおよびアルコール飲料の輸入、販売等に従事している方」になります。
ソムリエやワインアドバイザーになれないが、何かワインの資格を、と考えた時にワインエキスパートを目指すというのが人気の理由になっています。

4位 ワインアドバイザー

ワインアドバイザーは、ワインエキスパートと同じく、一般社団法人日本ソムリエ協会が認定する資格です。受験する条件としては、業務経験として、①酒類製造及び販売(コンサルタントなどの)流通業、②アルコール飲料を含む飲食に関する専門学校や料理教室など教育機関における講師、もしくは③列車内でのワゴン販売に、通算3年以上従事している必要があります(協会会員であれば2年)。なお、このワインアドバイザーの上級資格として、シニアワインアドバイザーがあり、通算10年以上の業務経験等が必要になります。
段階的に資格を取得し、客観的に見たレベルをあげていくことができるのが人気の秘密です。

5位 ワインコーディネーター

ANSA(全日本ソムリエ連盟)が認定するワインの資格が、ワインコーディネーターです。ワインに関する知識だけでなく、お客様の接客法やテイスティング、ワインの保存法やサービス提供の技術など、ワイン愛好家だけでなくプロとして働く方にもぴったりの資格になっています。
通信だけで学べるコースも用意されているため、比較的取得しやすい資格と言えるでしょう。

ワイン資格試験講座を習う!人気のワイン資格試験講座スクール!

おすすめの今人気のワイン資格試験講座スクールはこちらです。

ワイン資格試験講座
ワイン  ワイン


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る