中国語資格ランキング

資格ランキング
Pocket

初めて中国語資格を受けようと思っても、いくつかの種類があり、その詳細について知らないため戸惑ってしまうかもしれません。そのため、このページであなたにオススメな中国語資格を紹介していきます。

1位 中国語資格の代表「中国語検定」

「中国語検定」とは中検とも略される試験で、日本中国語検定協会が主催している聞き取りや文法などの能力を調べるための資格試験です。「中国語検定」は準4級から1級まであり、基礎的なことから時事的な単語を使うレベルまでが設定されています。特徴としては、日本の財団が主催しているという子もあり、日本人向けの「中国語関連の資格」と言える点でしょう。毎年、準4級から2級までは3月、6月、11月に開催しており、1級は11月と二次試験に12月(1月の場合もあり)に開催しているためまずは「中国語検定」を受験してみるのもいいでしょう。

2位 国際的に認められるなら「HSK」

「HSK(漢語水平考試)」とは、HSK日本実施委員会が主催している中国政府公認の中国語試験です。「HSK」は1級から6級まであり、それぞれ文用や読解、ヒアリングなどの力を調べるようになっています。特徴としては、中国政府が認めている資格となっており、中国に留学するための条件の一つと言える資格となっていることです。毎年5月と10月に開催しているため中国圏に留学希望であれば、取得しておきましょう。

3位 「C.TEST実用中国語レベル認定試験」

「C.TEST実用中国語レベル認定試験」とは、北京語言大学漢語試験研究センターが主催している中国語のコミュニケーション能力を調べるための資格試験です。「C.TEST実用中国語レベル認定試験」は難易度が二つに分かれており、E-FレベルとA-Dレベルがあります。そしてそれぞれリスニングと、文法などを調べる資格になっています。特徴は、試験で間違った個所を一つずつ知ることが出来るという点で、苦手分野を把握できるということでしょう。この資格は、毎年4回、4月、6月、9月、11月に開催しているため実用的な能力をはかりたい人にはオススメです。

4位 リアルなコミュニケーションを意識するなら「中国語コミュニケーション試験」

「中国語コミュニケーション試験(TECC)」とは、中国ビジネス交流協会が主催している、中国語でのコミュニケーション能力を調べるための資格試験です。分かりやすく言うと、中国語版のTOEICと言ったところでしょう。特徴としてはその結果によってFランクから最高Aランクまで与えられるようになっており、中国語でどの程度交流を交わせるかを調べることが出来る資格となっています。毎年7月と12月に開催している資格となっています。

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る