刺繍資格人気ランキング

刺繍
Pocket

布や革の上に刺繍糸と刺繍針を使用して、美しい装飾を施す技術の総称が刺繍です。プリントなどに比べて立体感があり、製造に手間がかかるため、完成品は高価となる場合があるので、一般の方が自分の収益を得るための手段として手軽で最適なクラフトの一つです。多くのステッチを学び、文化刺繍など数十色の色を使用する作品を世に送り出す事が出来ます。

1位:刺繍アドバイザー

装飾色の強い刺繍職人などに、サービス業の観点から、製品のクオリティ、あるいは販売方法、加工のアドバイスなどを主体したコンサルティング業務、アドバイザーの役割が刺繍アドバイザーです。刺繍で使用される刺繍の種類をはじめとした、実際の技法や刺繍を行うときに使用する道具の使い方に至るまで、その製造から出来上がった刺繍の加工、応用までを網羅し、知識を通じて的確に人にアドバイス、コンサルティングを行える資格です。趣味としての刺繍から、それをきちんと製品として仕上げ、市場に供給できるようなクオリティになるように、様々なアドバイスが出来ます。刺繍に関する具体的な技術だけではなく、その最終的な販売、加工技術に絡むような内容の話が出来る専門職で、多くのクラフトマンを抱えた工房などの指導や、職人の育成、会社や起業のお手伝いが出来る専門職です。趣味からより実務的な経理、コストなども考えた、幅広い活躍が期待されます。刺繍に関するビジネスチャンスを広げるため、アパレルやインテリア、デザイナーなどとも連携し、有益な社会貢献を目指す民間資格です。

2位:刺繍クラフトインストラクター

刺繍に必要な針と糸、布の種類や使い方、手縫いや、刺繍に関する専用ミシンや、工業ミシン、縫製、縫合、図案やデザインなど、刺繍に関するあらゆる知識を有し、専門職としての職人やクラフトに関して、人に指導し、高い技術を身につけさせる指導者が刺繍クラフトインストラクターです。一つの家庭での趣味の延長にある、手芸の分野から始まり、その技術を更にスキルアップしたり、あるいはその手芸を今度は、就職や起業に役立つ製品として、あらゆる分野で収益に繋がるノウハウを教える事が出来ます。個人事業から、ある程度の規模の産業に至るまで、刺繍は装飾、デザインなどが関係するので、テキスタイル、総合的なクラフトの分野では、より中心的な存在となりえます。個人対個人のマンツーマン指導から、大きな施設で高い技術を教えることで、個人の収益性を高める手助けをしたり、身近なコミュニティーなどで、あるいは老後の介助での行動認知療法の応用としても、刺繍はいまだに需要が高いものです。また独自に個人で活躍するなど、個人事業の可能性が、刺繍クラフトインストラクターにはあります。

3位:戸塚刺しゅうの師範資格

会員制の「戸塚刺しゅう協会」 が運営している、全国規模の日本における代表的な個人教室や文化教室などを抱えた団体が認定する師範代が、戸塚刺しゅうの師範資格です。協会が認定した正式な師範会員が、刺繍を教える教室で指導する立場として携わることが出来ます。戸塚刺しゅう協会の会員に入会すると、個人で制作した刺繍を協会発行の定期刊行物や、「戸塚刺しゅう展」に作品を発表する機会が与えられます。またそうした活動を通じて、ステップアップの目標として、「戸塚刺しゅう協会」には資格制度があります。初級、中級、上級と進みながら、段階的に資格のレベルを上げていき、最終目標は「師範会員」を目指すことです。そのスキルアップで師範会員となれば、今度は「戸塚刺しゅうの先生」として活動することができます。刺繍の経験がゼロ、あるいはまだ初心者レベルでも、的確、確実に自分の刺繍技術向上が図れ、誰でも刺繍の師範代へのチャンスを得ることが出来ます。また師範を目指すにしても、師範会員が針や糸の扱い方など基本から丁寧に指導、レッスンしてくれるので、だれでも気軽に自分の目標に向かってスキルアップをしていくことが出来ます。

4位:日本手芸普及協会の刺繍師範資格

「ヴォーグ手芸コンサルタント協会」を前身とした、1964年からすでに全国規模で4千名を超す手芸指導者を育成してきたのが、日本手芸普及協会です。国内最大級の刺繍などの普及に貢献している団体です。手芸に関する講座、研修会の開催による手芸に関する知識及び技術の向上並びに指導者の育成に関する事業を通じ、様々な手芸の普及事業をこれまで手がけてきました。コンクール・展示会その他各種イベントの開催などを通じ、普及啓蒙事業の中には、「刺しゅう部門」もあります。刺繍は1本の針と糸から生まれる美しい芸術性のある作品であり、適切な刺繍の技術を学べる学習指導体系が、日本手芸普及協会には構築されています。区限刺しゅう・白糸刺しゅう・ステッチ100の技法別にそれぞれ科目別講習などが設定され、その中に刺しゅう部門最高位の「刺しゅう師範」の資格取得を可能としています。その他に「区限刺しゅう講師認定証」「白糸刺しゅう講師認定証」「ステッチ100講師認定証」を申請により取得でき、講師認定証をもって、刺繍の指導者として活躍できる機会を得ることが出来ます。
刺繍資格  刺繍資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る