商品アドバイザー資格ランキング

資格ランキング
電気店・ホームセンター・家具店など店舗の大型化が進んでいる昨今、店内に展示される商品数も多く、またお客様の要望の多角化していることから、店内の販売員の能力は店舗運営に大きく影響されます。お客様に気持ち良く購入していただく為には時には専門的な知識も必要になることでしょう。今回は商品を販売する上で役に立つ商品アドバイザー資格を紹介します。スキルアップの一環で資格取得されてみてはいかかでしょうか。

1位 家電製品アドバイザー検定試験

家電製品アドバイザーは、(般)家電製品協会が認定している資格です。試験は、家電製品(AV機器・生活家電)に関する知識・仕組み・性能・形式による性能の違いなどの商品知識に加え、お客様へのマナーや礼儀、販売方法、対処方法などの販売実務に関する内容から出題されます。出題範囲が広いことから比較的合格率が低い資格でもあります。資格取得後は家電販売店などに就職が出来ます。試験は年2回(3月・9月)開催されています。

資格はここ→家電製品アドバイザー検定試験

2位 DIYアドバイザー資格試験

DIYアドバイザー資格試験は(般)日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会が認定している資格です。DIYとは自分自身で自宅の住宅設備、住宅の手入れ、補修などを行う事です。DIYアドバイザーは、その際に使用する工具や材料の提案、使い方のレクチャーなどを行います。試験は、住宅設備に関する知識、DIY用品に関する知識や方法などから出題されます。資格取得後はホームセンターなどに就職が出来ます。試験は年1回(1次:8月・2次:11月)開催されています。

資格はここ→ DIYアドバイザー資格試験

3位 インテリアアドバイザー認定試験

インテリアアドバイザーは日本デザインプランナー協会が認定している資格となっています。試験は、家具・インテリア・証明などに関する知識、コーディネート、使用方法、商品知識、接客方法などから出題されます。資格取得後は家具店や建築関連企業などに就職が出来ます。試験は年6回(偶数月)開催され、在宅で試験を受ける事が出来ます。

資格はここ→インテリアアドバイザー認定試験

商品アドバイザー資格のおすすめ情報

商品を購入する時に販売員の方が商品説明をはじめ、適切な使用アドバイスや提案をしてくれると安心して商品を購入することが出来ます。商品説明を分かりやすく説明できる事も確かな能力です。お客様へのマナーや礼儀を含めて検定を行っているアドバイザー資格を取得して販売員としてのレベルアップを図るのも良いでしょう。

家電製品アドバイザー検定試験講座を習う!人気の家電製品アドバイザー検定試験講座スクール!

おすすめの今人気の家電製品アドバイザー検定試験講座スクールはこちらです。

・家電製品アドバイザー検定試験講座


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る