塩資格人気ランキング

塩
Pocket

私達が普段食卓や料理で使用している塩、特に気に留めもせずに使っているものですが、もはや食生活どころか人間の暮らしになくてはならないものであり、もしも不足すれば生活どころか人体にも悪影響を及ぼすことすら懸念されますね。
各国においてメインとなる塩は変わってきますが、日本は島国ですからやはり海水を素にした塩が主となるでしょう。とは言いますが、そもそも日本は岩塩が極めて取りづらい国であり、海に囲まれた小さな島国では仕方のない事ともいえます。ですが完全に生産がゼロというわけではなく、江戸時代の頃には山塩と呼ばれるものを生産・販売していた過去もあります。

昨今の健康志向はテレビなどのメディアを見ていると顕著なことが手に取るようにわかりますが、料理や食事の表面的な事柄では世間の注目を得られない事も多いため、最近では素材についての隠れた知識を扱うものが増えてきています。料理を形作る食材についてはもちろん、調味料についての関心もかなり高まってきているのはご存知かと思います。

今回はこの塩に対して、資格を通した塩資格人気ランキングをご紹介していきます。

1位 美塩ソムリエ

美塩ソムリエは日本安全食料料理協会が提供している認定資格の一つです。美塩、という言葉は聞き慣れない言葉ですが、美容や健康を気にする方の興味を惹きつける響きですね。この資格は単純な塩の概要や基本をしっかりと抑えているだけではなく、料理への利用法や浸透圧の関係、はたまた人間以外の動物に対しての塩の関係まで、非常に幅広い知識を同時に確保できる資格となっており、その間口の広さから塩資格人気ランキングでも最も人気の資格となっています。また、受験資格が一切必要ないため、受けたい人が誰でも受けられる点も大きなメリットです。間口の広さと受験の敷居の低さの相乗効果によって高い人気を博しているため、トップとなりました。
美塩ソムリエについてはこちら

2位 食塩アドバイザー

食塩アドバイザーは日本インストラクター技術協会が提供する資格試験です。
ただの塩の専門家ではなく、アドバイスを行い指導者としての知識も同時に養うための資格です。こちらの特徴は諒設計アーキテクトラーニングスクールにて専用の講座が用意されている点で、知識がない状態から入っていく人には非常に助かるつくりとなっています。ゼロから学んでしっかりと土台を作ったうえで試験に臨めるため、受験者の不安を限りなく少ない状態で資格取得にチャレンジできる点が高評価の一因となっています。
食塩アドバイザーについてはこちら

3位 ソルトマイスター

ソルトマイスターは日本ソルトマイスター協会が提供する資格試験です。
レベルに合わせた3段階が用意されている資格試験で、最も上位のプロフェッショナルソルトマイスターに関しては協会の基準で選出された塩のスペシャリストに対してのみ付与されるものであり、かなり権威のある資格です。塩を使う側ではなく、生産者に対しても付与される可能性があるため、塩の代名詞と呼ばれるような人が選出されるようですね。そういった点から資格の効力に関してはトップクラスですが、逆に気軽に取れるものかと言うと難しい、という評価になってしまいます。

4位 塩マイスター

塩マイスターは日本塩ソムリエ協会が主催している資格試験です。
こちらは非常に短期間の実地講座と検定講座が用意されており、沖縄での塩づくり実地研修などかなり本格的なものが用意されている反面、費用がかなり高めに設定されている点は見逃せません。短期間で徹底的に学びたい、という方にはオススメできる塩資格といえるでしょう。

5位 塩ソムリエ

塩ソムリエは日本塩ソムリエ協会が主催する資格試験です。
塩マイスターと同様に高額の受講費用がかかる点がありますが、専門的な知識と実際に現物を見て学びたいという方にはうってつけのものです。こちらの認定試験は塩マイスターより公式ホームページが簡素で分かり辛いため、受験者からすればどこから入っていけばいいのだろう、と疑問に思ってしまうかもしれません。
塩資格  塩資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る