夫婦心理家族心理資格人気ランキング

夫婦心理家族心理資格人気ランキング
Pocket

現代ではストレスが原因となるさまざまな問題が深刻化しています。その中でも特に重要視されている問題が「家族・夫婦間のトラブル」です。家族のトラブルは日常の口喧嘩から親戚関係によるトラブル、反抗期、DVなどさまざまです。このような問題は離婚や慰謝料問題だけでなく、刑事事件に発展しかねません。
そこで、注目されているものが資格を取得した相談員やカウンセラーの存在です。このような職業は需要が高まっているため、資格取得を志す人が増えています。
今回は、人気の夫婦心理・家族心理資格をランキング形式で紹介していきます。

1位 夫婦心理カウンセラー

「夫婦心理カウンセラー」とは、夫婦関係・家族関係におけるさまざまなトラブルや悩みに対して的確なアドバイスを行うことができる資格です。人間関係の中でも夫婦や親子などの家族関係は生活を行う上で最も影響が大きい存在です。
このような問題は、軽度で済む場合が多いですが、時に人生を狂わせるような深刻化しやすい問題になるため、解決には正しい知識と正しい順序が求められます。さまざま問題に対して正しい知識を持っていれば、解決に向けて的確なアドバイスができるでしょう。
資格を取得することで夫婦や家族専門のカウンセラーとして活動することができます。
この資格の講座で学ぶ内容は、夫婦関係のカウンセリングや子供のカウンセリングなどカウンセリング方法や、DVやブランケット症候群、アダルトチルドレンのような不安や問題に対してなどです。
試験は2ヶ月に1度開催されるため、非常にチャンスが多く挑戦しやすいです。受験料は1万円であり、正答率70%以上で合格できます。試験はインターネットで申込み、在宅受験になるため、忙しい主婦やサラリーマンでも日程を気にせずに受験できます。

2位 家族心理カウンセラー

「家族心理カウンセラー」とは、夫婦・親子だけではなくカップルなど家族やパートナーに関するトラブルや問題について、心理的な知識を持ち解決できる資格です。
人間関係の中でも接する機会が多く、小さなトラブルも大きな問題に発展することも珍しくないため、的確なアドバイスをすることが求められます。
結婚や出産に関する悩みや、別居・離婚など環境変化に関する問題までさまざまあり、家庭円満になるようにアドバイスを行います。
家族心理カウンセラーは家庭の悩みの相談を受けるだけでなく、講師や専門家として活躍することも可能です。
この資格は「夫婦心理学」「家族心理学」から出題され、70%以上の正答率で合格することができます。試験は2ヶ月に1度、偶数月に開催され、インターネットで申込みをし、在宅受験となるため、試験期間中に解答し期限までに提出します。

3位 家族療法カウンセラー

「家族療法カウンセラー」の資格は一般的なカウンセラーと違い、個人ではなく家族を対象にカウンセリングを行います。他の資格と違い「療法」という点に重点を置いており、精神状態や問題行動を解決する役割を担っています。
また、カウンセラーとして問題解決することも大切ですが、家族の問題になるため本人たちの問題解決能力を引き出すことも忘れてはいけません。家族療法カウンセラーは、その場しのぎの問題解決ではなく、その家族の将来も考えたカウンセリングが求められます。
家族療法カウンセラーは心理学に関する知識だけでなく、アドラー心理学に関する知識も必要になります。最も重要なことはカウンセリングに関する基礎知識であり、カウンセリング能力に関する職業能力も審査対象とされています。
受験料は5600円であり、学歴や職務経歴などは必要ありませんが、受験資格を得るためには認定教育機関で講座を履修しなければなりません。講座を履修した後、インターネットで試験を申し込むことで受験できます。受験方法は在宅受験になり、期限までに解答用紙を提出すれば試験が完了し、1ヶ月ほどで試験結果がわかります。

4位 夫婦カウンセラー

「夫婦カウンセラー」は夫婦の問題を中心にカウンセリングを行う仕事です。試験に合格することで「夫婦カウンセラー資格」の称号を得ることができます。
家族間の問題でも特に問題が深刻になりやすいのが夫婦間のトラブルです。実際に結婚している夫婦の3組に1組は離婚しており、早まった離婚を後悔してしまうことも少なくありません。しかし、夫婦のプライベートな問題を相談できる機関もそこまで多くないため、今後の夫婦カウンセラーの活躍が注目されています。
このような夫婦問題は深刻化しており、DVなどの問題も増えています。また、夫婦の仲が悪くなることで子育てにも悪影響を及ぼす可能性があります。
現代の日本でも大きな社会問題として認められており、改善するために夫婦カウンセラーが創設されました。
夫婦カウンセラーになるためには、離婚の基礎知識や離婚に関する法律の知識を身に付けることが必要です。また、知識だけでは夫婦間の問題を解決できないため、離婚や夫婦に関するカウンセリング能力も身に付ける必要があります。
試験の概要は家族療法カウンセラーと同じであり、認定講座を受講することで受験資格を得ることができます。70%以上の正答率が必要であり、在宅受験が可能です。

5位 家族相談士

夫婦や家族の問題を解決するカウンセリングの資格は多くありますが、その中でも幅広い問題を解決するのが「家族相談士」です。家族相談士は、家族関係におけるさまざまな問題を解決し、健康的な家族を作るためのアドバイスや指導を行う心理カウンセラーです。
ここまで紹介した各資格が生まれた要因でもありますが、現代では人間関係の中でも家族に関する問題が極めて深刻となっています。家族相談士の仕事は親子や兄弟、夫婦関係に関するさまざま問題を解決する存在として社会のニーズも高まっています。特に家族相談士は対応できる相談の範囲が広いため、社会から必要とされています。
また、悩みを抱えた家族の相談を受け、カウンセリングを行うだけでなく、健康的な家族の在り方を啓蒙する活動も行い、教育機関などで講演を行います。家族心理の専門家として幅広く活躍できるでしょう。
家族相談士になるためには資格試験を受験し合格する必要がありますが、この資格試験には受験資格があります。
その受験資格は「家族相談士養成講座」を受講していることです。この「家族相談士養成講座」では家族相談士に必要な、心理学やカウンセリングに関する知識を学習し、カウンセリングの技法を学ぶことができます。
しかし、この「家族相談士養成講座」にも受講資格が設けられており、臨床経験やカウンセリングの実務経験が1年以上必要です。また、臨床心理士や保健師などの資格を所有していることで条件を満たすことが可能です。
家族診断士養成講座の費用は17万円ほどかかり、受験費用に2万円、認定登録料に3万円が必要です。事前に養成講座を受けていることで合格率は9割以上と高くなっています。
現在では、家族相談士のニーズは高くなっているものの、家族相談士の資格を要件にする求人は少ないのが現実です。そのため、臨床心理士や保健師などがスキルアップを目的に資格を取ることが多いです。
必要とされている資格であるため、今後は家族相談士が活躍できる場所を広げていくことが課題となっています。

まとめ

夫婦・家族のメンタルをケアする資格の需要は高まりつつあります。実際に家族間のトラブルに直面したことがある人は、問題を解決したいと考えることが多いでしょう。資格によって、内容や受験資格、受験費用は異なるため事前にどのような資格があるか調べると良いでしょう。このような資格は教育機関・福祉関係施設・病院などで活躍していることが多いです。既にこのような職場で勤務している方であればスキルアップの一環として資格取得することがおすすめです。
夫婦心理家族心理学資格 夫婦心理家族心理学資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る