子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング

子供心理学・チャイルド心理資格人気ランキング
Pocket

近年では学校で起きるいじめなどのストレスによる不登校や引きこもりが問題となっています。そのため以前と比較すると、スクールカウンセラーなど子供の心のケアができる人材の需要が増えています。
「子供の役に立ちたい!」と考える人も多くなっており、カウンセラーの資格を取得することでカウンセラーになれますが、具体的にどのような資格があるのでしょうか。
そこで今回は、子供心理学・チャイルド心理の人気資格ランキングを紹介していきます。

1位 子ども心理インストラクター

子ども心理インストラクターの資格は、生まれてくる前の赤ちゃんから思春期までと幅広い年齢の子供における心理・メンタル面の知識があることを証明する資格です。この資格を取得することで、「子ども心理アドバイザー」として、学校や親子教室などの相談員として活躍できます。
主に子供の心理である「チャイルド心理学」を中心に学ぶ資格であり、成長過程における子供の心の発達についての知識を得る必要があります。子供の人格・性格の形成についての知識を持ち、子供の年齢や発達の段階に応じて適切なアドバイスを行います。
この「子ども心理インストラクター」試験は2ヶ月に1回開催されるため、チャンスが多く受験しやすいです。受験料は1万円であり、70%以上の正答率で合格できます。
インターネットで申込み、在宅受験で期日までに解答用紙を提出すれば良いため、忙しい主婦の方でも受験しやすい特徴があります。
子供の心理を理解できると、日常の中の仕草から心理面を読み取ることができます。そのため、カウンセラーやアドバイザーとして活躍する以外にも自分の子育てにも使えます。今では多くの方が受験する人気資格となっています。

2位 チャイルド心理ヘルスカウンセラー

「子ども心理インストラクター」と同様に「チャイルド心理学」を活用した資格が「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」です。このチャイルド心理ヘルスカウンセラーは、子供の心に関する悩みを解決するカウンセリングを行う能力があることの証明になる資格です。資格取得することでチャイルド心理ヘルスカウンセラーとして活躍できるでしょう。
胎児期から思春期までの子供の心理面について十分に把握していないと、子供の悩みには向き合えません。また、言葉が話せない赤ちゃんが考えていることは仕草や表情などからわかります。このように子供の心理に関する知識があることで、相談者に的確なアドバイスをすることができます。
この「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」の試験概要は「子ども心理インストラクター」とほぼ同じです。2ヶ月に1回開催され、受験料は1万円、70%以上の正答率で合格できます。また、この試験も在宅受験が可能であり受験しやすいです。

子ども心理インストラクターは子供の心の成長に寄り添うような資格ですが、「チャイルド心理ヘルスカウンセラー」は心の悩みを解決する資格です。また「チャイルド心理」と表現されていますが、小さな子供だけではなく中学生くらいの子供まで対応します。

3位 チャイルドカウンセラー

「チャイルドカウンセラー」は、小学校や中学校の学校内で起こる問題行動などの原因となる不安定なメンタルをケアする能力があることを証明する資格です。
子供の成長における心理面はさまざまな要素で不安定になり、悩める人は増えています。この資格を取得することで、子供の心理に不安を感じ悩める人の手助けができるようになります。
このチャイルドカウンセラーの資格では、チャイルドカウンセリングに関する知識、カウンセリング能力に関する能力を評価します。
主にチャイルドカウンセリングの知識、子供の問題行動や家族との関わり、問題行動を起こす心理を学習する必要があります。
試験日などは決まりがなく、日本能力開発推進協会が定めた認定講座を履修することで受験資格を得ることができ、申込みを行うと受験できます。記述式の筆記試験であり、受験料は5600円です。70%以上の正答率で合格でき、答案を受け付けてから1ヶ月後に送付されます。

4位 チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとは、イギリス発祥の家庭的な保育を行うスペシャリストの資格であり、幼児などの心理面の知識を有することを証明します。
チャイルドマインダーは幼稚園や保育園などと違い、1人のチャイルドマインダーが対応する子供は3名までが基本となっています。このように少人数の保育を対象としているため、一人ひとりに対してしっかりとコミュニケーションを取ることが求められます。子供の個性を重視し、自分で考える力を養い、自立心を育む環境を作り上げていくことが役割です。
チャイルドマインダーの資格を取得すると、施設型保育・家庭的保育のどちらの仕事もつきやすくなります。
この資格はチャイルドマインダーの認定講座を履修することで受験資格を得ます。受験料は「NCMAジャパン」開催の試験では16,200円であり、「チャイルドマインダージャパン」開催では10,800円です。認定講座によって費用は大きく変わり10万円近くから30万円近くになります。

5位 児童心理司

児童心理司とは心理判定員とも呼ばれ、心理学の知識を活用して児童と保護者に対して心理診断を行う任用資格です。この児童心理司は公務員であり、主に児童相談所で働きます。
他の子供心理学の資格と比較すると公務員試験に合格する必要があるため、難易度は高いといえるでしょう。
この児童心理司になるためには、地方上級の公務員試験に合格し、児童福祉法に定められている「任用資格要件」を満たすことが条件となっています。
この任用資格要件には「医師であり、精神保健に関する学識経験を有する者」か「大学において心理学を専修する学科などの課程を修めて卒業する者」とされています。
つまり、少なくとも大学で心理学を学んでいることが条件となります。
この条件を満たし、公務員となって児童相談所に配属されて児童心理司になることができます。

6位 育児セラピスト

育児セラピストは子育てに活かすことができる育児の専門家である資格です。近年増えている子供の心の悩みによる問題は、「心を育てる」ことに疲れてしまうことが原因とされています。そこで育児セラピストが的確なアドバイスを行うことで、親も安心して子育てをすることができ、健全な心を育てることが可能です。
また、子供の心理を理解するだけでなく、さまざまなストレスや悩みを抱える親の心を癒すことも求められています。
この育児セラピストの資格に受験資格はなく、誰でも受験することができます。育児セラピストには「育児セラピスト2級」と「育児セラピスト1級」、「育児セラピストシニアマスター」があり、受験料もランクによって変わってきます。最も安い育児セラピスト2級の受験料は5万円です。
この資格を取得することで、看護師や保育士などの施設で講座を開くことができます。主婦でも自宅や児童館などでも育児に関する講座を開くことができるでしょう。

まとめ

今回は子供心理学・チャイルド心理の人気資格ランキングを紹介してきました。近年では子供のメンタルに関する問題が多くなっているため、チャイルド心理に関する資格の取得の需要が高まっています。
保育園などの育児施設で働きやすくなるだけでなく、カウンセラーとしても活躍できるでしょう。また、自分の子育ての役に立ち、身内の子育ての相談も受けることができるため、多くの人に貢献できる資格といえます。
中には資格取得に費用がかかるものがあるため、どのような資格があるか調べることが大切です。自分に合った資格を見つけ、取得に向けて頑張ってみると良いでしょう。
チャイルド心理資格 チャイルド心理資格

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る