学習塾に通う子のための、勉強のさせ方

資格ランキング
Pocket

目標意識をはっきりと

子供が面白くない勉強も情熱を持ってできるようにするためには、十分な時間の補償が最良の方法です。特に低学年の場合、補償の効果が大きい。その日しなければならない勉強を終えた後に自由を与えたり、遊ぶ時間を十分に与えるなど、子供が好きな活動を勉強した見返りにすることができるというのが効果的です。しかし、高学年になると、もはやこのような補償だけで子供が勉強を続けるためには難しい。子供は自分の勉強をする理由を知っています。勉強をして得することが何なのか、具体的な目標を立てさせることが必要です。目標=夢、と夢を持っている子供たちは、それを達成するために、親が話をしなくても、自分で勉強することになると言います。子供が勉強のために情熱を持つようにするには、何よりも夢を育てることが必要です。

ピアノを習っている子向けの短時間学習のポイント2

家庭でもできる3つの学習習慣

私の子供の教育法には、3つの特徴があります。第一は、妻が6年以上毎日図書館に行って子供たちが読む本を借りてくる。妻は、文学、偉人伝、自然科学などの分野を問わず、二人の子供の様子を見て教科や学習内容に合わせて本を選んで来ます。お母さんは毎日図書館で本借りてきて、お父さんは体験学習させてこの方法は、学校での学習内容を自然に予習して、深化学習まで行うことができ、二人の子供の学習能力を育てるために、かなりのことができました。また、お父さんは、週末や休暇を利用して、兄弟を連れてデルタが発達した工業地域、棚田がある田舎などを見つけて二人の子供が教科内容を鮮明に覚えように体験学習をさせました。

第二の特徴は、自宅にTVがないという点です。子供たちを指導してみるとTVが最大の悩みの種でした。夜遅くまでTVを見子供たちは次の日の朝に遅く起き、準備をまともにできない学校で罰を受けることになります。授業の楽しみを感じていないのは当然で自然に成績も落ちる。悪循環が繰り返されるのです。子供には「勉強しろ」と言っておいてTVの前に座っている親も問題があります。TVを見ないことにしてから、家族同士の話をする時間が増えてきて、子供たち自身のスケジュールを組んで宿題して本を読むなどの時間を効率的に活用する能力を養うことができるようになりました。

また、毎週一回、自ら計画した週のスケジュールをどのように守ったのか、このような事を話します。これは第三のユニークな子供教育法です。家族はこれを「自己批判」と呼ぶような間違っただけの話ではなく、次回はどうすれば改善できるかを提示しなければならなりません。例えば、「中間試験や期末試験までの科目別にいつ、どのように教科書の勉強をした後、問題集を解いて..」というふうに学習塾と家庭を連携させ一週間のスケジュールを組みます。しかし、もし体育大会の練習を考慮せずに、あまりにもタイトな計画を立てていたり、数学で図形分野が苦手なので、他のセクションよりも時間を長く取らなければならないのに時間配分を間違っている場合そのような問題を自分で見つけなければならなりません。学習塾での学習内容をもとに、兄弟が自ら計画したスケジュールに合わせて勉強をしながら、子供たちが勉強するために心強い後援者の役割をするのも大切です。勉強できる環境を作ってあげれば子供たちに勉強する習慣が生じ、「勉強の底力」が強くなって勉強をよくすることになります。

ピアノを習っている子向けの短時間学習のポイント3

最後は忍耐

親が2〜3年着実に努力すると子供たちは勉強する習慣を作ってようになります。これは学習塾で学んで、学校で学んで、自宅でも学ぶことへの大きな支援になります。子供たちが勉強する時、親が必ず横について必要があるという話ではありません。宿題が何であるかを関心を持って、図書館やインターネットなどで資料を検索するときに助けて、教科内容と関連がある、さまざまな本を手に入れてくれることは、学習塾へ通う子の親としての大きな支援になります。

ピアノを習っている子向けの短時間学習のポイント4

この習い事で活かせる資格は?

音楽療法士
http://www.brush-up.jp/guide/674.html
音楽療法とは、認知症や自閉症、精神障害などでお悩みの方に、音楽を通じて、回復の手助けや、心身のケアを行うリハビリを行える資格です。

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る