実践建築模型認定試験口コミ評判

建築模型

実践建築模型認定試験というものについて知っているでしょうか。本来住宅を建築する時には、モデルルームなどを見学して考慮したり、CGなどを使って把握したりするのですが、それだけでは気軽に建築物の内容をイメージすることができなかったりします。
そういう時に使えるのが実践建築模型であり、それを作る仕事というのが世の中にはあります。今回はそんな実践建築模型認定試験について紹介します。

実践建築模型とは?

建築関係では、模型を作ることがしばしばあります。その建築物の内容を把握するために作られるもので、実際に近年はCGなどで応用することがありますが、具体的な空間だったり、イメージだったり、距離感だったり、そういうものについては模型の方が良いこともあります。そういうイメージをより具体的にするのが実践建築模型であり、それがあることによって、より建築のレベルや制度を高めることができることに繋がります。

実際に建築現場で使われるというよりは、建築する前の段階で打ち合わせやプレゼンテーションの時に活用されることが多いです。建物のことを素人でもわかるように説明するものとなっているので、これ自体が非常に大きな効果を持っていることもあり、専門の資格を持った人が必要となります。だからこそ、実践建築模型認定試験が行われている訳です。

実践建築模型認定試験とは?

実践建築模型認定試験というのは、実際に建築物の模型を作るために必要な資格だと言えます。その模型を使って第三者にプレゼンテーションを行い、知識や技能などを知ってもらうために取得することが必要となります。

試験自体の内容も難しく、1級や2級が用意されています。なお、実践建築模型認定試験の場合は、模型が作成できるかどうかという点はもちろん、そのスキルや技術を見られることが多いです。1級になると実践で通用する模型を作製できるかどうかなど、建築関係の知識も必要となることが多いです。それらの知識を試すために、実践建築模型認定試験を受ける方もいます。
建築模型資格の実践建築模型はこちら
また、実践建築模型認定試験で合格すれば、自分が模型作りのスペシャリストであることを証明することもできるため、建築関係の仕事をしている方の多くは取得しています。

実践建築模型認定試験の口コミや評判

実際に実践建築模型認定試験を受けた人の口コミや評判としては、様々な意見が寄せられています。

・スキルアップのために試験を受けて良かった。
実際にスキルアップのために実践建築模型認定試験を受けている方も多く、建築関係では一種の登竜門となっているとも言えます。実践的な問題も多いからこそ、勉強した内容がそのまま仕事に活かせるというのも、良い点だと言えます。

・模型作りから建築の仕事に活かすことができている。
模型を作るのが趣味だった方はもちろん、それを仕事にしていた方も、新たなステージへと昇るための試験だと思っている方が多いようです。建築の仕事に活かすことができるということもあり、一つのスキルとして活用している方が多いです。

・試験内容は難しいけれど達成感がある。
実践建築模型認定試験は専門知識と技術が必要となるため、決して簡単な試験とは言いません。しかし、合格することができれば、当然達成感にも繋がり、自分の自信にも繋がっていくということです。

おわりに

近年は実践建築模型認定試験を受ける方も増加しています。内容が内容だけに専門的なスキルが求められるものですが、実際に挑戦してみる価値はあると言えるでしょう。
建築模型  建築模型


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る