建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

資格ランキング

住宅を建てる時やその他の建物を建てる時、建築材料について知っておかないといけません。本来は不動産や建築に関する会社が全て担っているので良いのですが、近年は個人で建築材料インストラクターなどの資格を取得する方も多くなっています。

建築材料インストラクターとは?

建築材料は色々なものがあります。日本の建築で良く使われるのは、木材などが多いですが、鉄やコンクリートなどもありますし、一概にどのような建材があるのか素人は判断しにくいです。それらの方に最適な情報を提供するのが建築材料インストラクターです。どのような建材を使えば良いのかを提示するだけではなく、実際に不動産会社や建築会社に対してアドバイスを行うこともできます。
建築材料インストラクターはインストラクター職となるので、幅広く人に教えていくこともできるのです。そういう意味では、非常に万能な仕事だと言えるのではないでしょうか。もちろん、基礎知識から応用知識まで必要で、建材に対して豊富な情報を持っていることが必要です。

建築材料インストラクター認定試験とは?

建材というのは、選択を間違えば大きな失敗となります。例えば、家を建てる時木造建築にするのか鉄筋コンクリート建築にするのか、迷っている方も多いです。そういう方の中には、「木の暖かさを感じたい」という方もいれば「無機質でシンプルな家に住みたい」という方もいます。それぞれの方に最適な建材を提示し、それによってその後の住宅建築に対してもサポートするのが建築材料インストラクターの仕事です。
つまり、そのためには専門的な知識が必要となります。だからこそ、建築材料インストラクター認定試験を定めて、専門職として知識を発揮できるようにしている訳です。実際に建築材料インストラクター認定試験は難しいですし、専門的な知識が必要となるため、一筋縄では取得できません。ただ、建築材料インストラクターを目指す方が多くなったことによって、近年は情報収集もしやすくなっています。挑戦したいという方は、条件は特にないので認定試験をまずは受けて見るのも良いでしょう。

建築材料インストラクター認定試験の口コミや評判

実際に建築材料インストラクター認定試験を受けてみた人は、どういった感想を持っているのでしょうか。様々な口コミや評判が寄せられているので、そちらについても紹介します。
材料資格の建築材料インストラクターはこちら
・建築材料インストラクターになりたくて試験を受験したのですが、結構難しかったです。内容自体は建材に関する基礎的な知識から、それを利用した住宅の応用までの知識が必要です。実際に難しかったので、これからも勉強しないとだめだと思いました。

・建築関係の仕事に就きたくて、とりあえず建築材料インストラクターを取得してみることにしました。建材などが好きで、どのような家にどのようなものを使えば良いのか考えて見るのが楽しいです。知識を付けるためにも、建築材料インストラクター認定試験を受けて正解だったと思います。

おわりに

建築材料インストラクターの需要は年々増加しています。これからは仕事のスキルの一つとして取得する方が多くなるでしょう。知識を身に付けて、より情報を世の中に提供できる人になれば、世の中の役に立つことも可能です。


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る