手芸アドバイザー認定試験口コミ評判

ハンドメイド手芸

手芸と聞くと、一般人がやっているような趣味の領域を超えないと思っている方も多いですが、手芸は奥深い文化です。いわゆるハンドメイドで何かを作ることができるので、専門的な技術が必要ですし、スキルや経験も必要となります。そんな手芸をサポートする仕事が手芸アドバイザーです。

手芸アドバイザーとは?

ハンドメイドが近年ブームとなっていて、色々なブランド品よりもオリジナルの作品を提供すること自体が評価される時代となっています。個性を重んじる世の中だからこそ、良くあるブランドの商品ではなく、自分にしか着られない自分だけのアイテムを作るという方も増加しているのです。そんなハンドメイドの職業の一つが手芸アドバイザーなのです。

自分で何かを作るということはもちろん、人が何かを作る時にサポートするのが仕事で、実際に手芸などをメインに、技術力やデザイン力などを提供するのが仕事です。実際に手芸によって服や帽子、手袋やマフラー、バッグなどを作る方も多くなっていて、それを実際にフリーマーケットなどで販売する方も増加しています。ただ、一からそれらを始めるというのは大変なため、そこでこそ手芸アドバイザーの力が発揮されるということです。

手芸アドバイザー認定試験とは?

手芸アドバイザーにどうやったらなれるのかというと、それは認定試験を受けるのが一番手っ取り早い方法となります。近年は手芸アドバイザーがれっきとした資格として認められるようになっていて、これを取得した方は、人に講師として手芸を教えることができるようになる訳です。
手芸資格の手芸アドバイザーはこちら
手芸は一般的な人でもできるものですが、服を作るとなると大変なことも多いです。また、マフラーを作るとは言っても初心者にとってはわからないことが多いです。だからこそ、手芸アドバイザーがその点をサポートして、より快適に作れるようにしています。手芸アドバイザーは、あくまでアドバイザーとなる資格ですが、自分自身がハンドメイドで何かを作りたいという時にも活用することができる資格となっています。

専門的な知識を身に付けて、それを活かしながらオリジナル商品を販売していくことができるというのは、近年の大きな魅力だと言えるのではないでしょうか。

手芸アドバイザー認定試験の口コミや評判

手芸アドバイザー認定試験を受けてみた結果、色々な感想を抱く方も多くなっているため、こちらで少しですが紹介していきます。

・今まで手芸は趣味の範囲でやっていたのですが、人にも教えたいと思ったため手芸アドバイザーの資格を取得してみました。実際に合格してからは教室を開き、今は10人ほどの生徒をかかえるようになりました。素人だった私がここまでやれているのは、手芸アドバイザー認定試験を受けたからだと言えます。

・ハンドメイドで商品を作って販売したいと思ったので、一番使えそうな手芸アドバイザー認定試験を受けてみました。自分が今まで体験したことも無かったような知識や技術を身に付けることができたので、本当に受けて良かったです。

おわりに

手芸アドバイザーは近年人気の仕事となっています。特にこれからハンドメイドブームが来れば、さらにその仕事の需要は増加します。自分で何かを作って世の中に提供できる素晴らしさを広めることができる仕事は素敵です。
ハンドメイド  手芸


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る