手話資格ランキング

資格ランキング
Pocket

聴覚障害者とのコミュニケーションをとるのに必要な手話は福祉事務所や養護老人施設、医療施設、ボランティア施設などで活躍しており、今後も高齢化が進む社会では需要は高まってくると予想されます。手話には様々なレベルによって資格が存在しているので、興味がある方は資格を取得されてみてはいかかでしょうか。

1 手話通訳士資格試験

手話通訳士は厚生労働省が認定している社会福祉法人聴力障害者情報文化センターが試験を実施している公的資格となります。手話通訳士として登録することで、裁判所・官公庁・政見放送などに於いて手話通訳をすることが出来るようになります。学科試験では障害者福祉・聴覚障害者に関する知識、手話通訳の在り方、国語となっており、実技試験では音声を手話へ、手話を音声へ変換して解答をする内容となっております。試験は年1回(10月)に開催されています。

資格はここ→手話通訳士資格試験

2位 手話技能検定試験

手話技能検定試験は(非)手話技能検定協会が認定している資格となります。手話に関するレベルを細かく設定しており、趣味の範囲から実用的な範囲までを網羅している資格となります。資格取得後は、福祉施設や介護施設、ボランティア施設などに活躍することができます。試験は7級・6級・5級・4級・3級・準2級・2級・準1級・1級とあり、3級からは手話による会話実技があります。試験は各級・開催地によって開催されているので詳しくはホームページを参照下さい。

資格はここ→手話技能検定試験

3位 全国手話検定試験

全国手話検定試験は社会福祉法人全国手話研修センターが認定している資格となっています。試験は手話の読み取り、手話による表現、手話による会話試験が行われ、一定の手話レベルがないと検定に合格できない難易度となっています。資格は5級・4級・3級・2級・・準1級・1級と6階級あり、1級~2級は筆記試験も行われます。試験は年1回(準1級・1級は10月下旬、5級~2級は10月中旬)に開催されます。

資格はここ→全国手話検定試験

手話資格のおすすめ情報

普段あまり手話を使う機会がなく馴染みの少ない資格ではありますが、福祉に関する資格としては、需要のある資格と言えます。近年、福祉施設が増加している昨今、手話資格を取得して介護施設などに就職を目指すのもよいでしょう。

人気の手話通訳士資格試験スクール!

おすすめの今人気の手話通訳士資格試験スクールはこちらです。

手話通訳士資格試験講座

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る