日本茶セレクター認定試験口コミ評判

お茶

世界中で飲まれているお茶の種類は、日本茶、紅茶、中国茶などありますが、茶葉の歴史は中国の四川省あたりでチャノキが栽培された歴史が残っていますので、中国がその源流と言われています。日本茶、紅茶、中国茶の茶葉の種類は実は1種類で、収穫からその後の加工と発酵の度合いで茶の種類が決まります。そのため日本茶も含め、その種類は加工の差でかなり種類が多く、これを網羅し知識を得るのは、一定の経験と様々な製法を知っていることが求められます。日本茶は、また産地によっても味の特徴が違い、製法の違いでは18種類も存在しています。日本茶セレクター認定試験とは、そうした茶葉の歴史や製法の違い、その特徴や味について幅広く、また深い知識を問われる民間資格認定試験です。

日本茶セレクターとは

日本茶の味の判定の難しさはテイスティングにあります。茶摘みの時期や茶を煎れる方法や、食事やシチュエーション別に飲む方法から、作法に至るまで非常に幅が広く、その歴史も長いです。
また日本の東北一部地域を除き、日本中にその産地が点在しており、簡単にはその全貌を把握することが出来ません。そのため、日本茶セレクターとは、そうした日本茶の全貌、知識や味や歴史を理解した、様々な日本茶の良さを人に提案、享受できるように日本茶の選び方をアドバイス出来る、民間資格となります。

日本茶セレクターの認定試験を受けるには

日本茶セレクター認定試験を受験するには、年齢、性別、職業や経験などの条件はありません。受験は自宅で受けることが可能で、受験料1万円をJSFCA(日本安全食料料理協会)の公式ホームページから申し込みを行います。試験問題、解答用紙、受験票は宅配で自宅に配達されますから、そこで支払う代引き料金が、受験料他費用の支払いを兼ねています。
受験の流れは、自分が日本茶セレクターとしての知識を有していることを前提として、まずJSFCA公式ページの試験日程を確認し、受けたい日取りが決まったら、インターネットから申し込みを行います。答案提出には期限がありますので、それまでに解答して解答用紙をJSFCAまで送付し、合否を判定してもらい、合格する流れです。自宅での試験ですから、受験に交通費もかかりませんし、尚且つ試験は筆記ですので、比較的受験は簡単です。但しそれまである程度の知識が無ければ、試験問題はそれなりに難しいと言えるでしょう。

日本茶セレクター認定試験に合格するには

合格するためには、日本茶そのもの以外にも歴史や、地域の産地特性などを幅広く知っている必要があります。それなりの日本茶の趣向も深いものを要求されることもありますので、事前に長い日本茶への愛着や、興味や関心が強く無ければ合格は難しいです。特に参考書や書籍も少ないのと、専門スクールも数が少ないので大抵は独学になると思います。時には産地へ出向くとか、その茶葉を購入して飲んだりする必要もあるので、やや鑑定士に近い経験が必要となります。

認定試験に向かって

日本茶資格の日本茶セレクターはこちら
日本茶セレクターの認定試験に向かって独学で勉強するのなら、茶の産地や名産と言われる場所などの、地理的な知識や、茶葉の種類すべての知識を有していることが条件です。そのため学習というより、経験と味覚の度合い、あるいはお茶への愛着がかなり問われます。受験までの知識所得は、かなり長い時間を有すると言えるでしょう。

合格後の活躍

日本茶セレクターは、職業としても近年注目をされています。一つは日本茶の選択において、お茶屋や茶の販売店、あるいは喫茶店などで、その知識を存分に発揮し、独立して生計を立てられるケースもあります。日本茶専門店は、近年かなり注目されているので、その活躍の場はこの日本茶セレクター認定試験合格後は、その知識を活かす場が多いと言えるかもしれません。このような資格を取得しているだけでも有利になりますし、他の人と差をつけることもできます。
日本茶・お茶  日本茶・お茶


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る