有望資格ランキング

資格ランキング
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
 さて、今回ご紹介するのは、「有望資格ランキング」5つの資格です。今はもちろん、将来大きく需要が増えそうだったり、資格の価値が高まりそうだったり資格を集めてみました。

1位 JIAキャンドルアドバイザー

有望資格ランキングのトップは、JIAキャンドルアドバイザーです。様々な形や色、そして香りがついたキャンドルは、日常の癒しやパーティーなどの演出、アロマやマッサージサロンなどでよく使われるようになってきています。家庭でも、間接照明の代わりに、キャンドルを使う家が増えているのではないでしょうか。JIAキャンドルアドバイザーは、様々なキャンドルの製作が可能で、専門的で幅広い知識を持ち、さらに人に教育指導することができると認められた人に与えられる資格です。
 キャンドルの人気が高まっている中で、キャンドルの用途や使い方が、今後ますます多岐に広がっていくと考えられています。また新しい種類や製法が出てくると、どんどんJIAキャンドルアドバイザー資格へのニーズが増えていくことが予想されています。将来有望な資格ランキング、堂々の1位です!

資格はここ→JIAキャンドルアドバイザー

2位 スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)

有望資格ランキング第2位が、日本安全食料料理協会が運営する、スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)資格になります。料理には様々なスパイスが使われていますが、そのスパイスについて、深い知識を有しているのがスパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)です。
 食べるラー油やゆず胡椒など、スパイスを使って新しい食べ方や調味料が提案されて、短期間で沢山の人が使われるような事例が増えてきています。食品メーカーや飲食店では、こうしたスパイスの知識を保有している人へのニーズが高まっており、今後取って損のない、有望な資格となっています!

資格はここ→スパイス香辛料アドバイザー(スパイスソムリエ)

3位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

第3位の有望資格が、メンタル心理ミュージックアドバイザーです。ちょっと聞き慣れない資格かもしれませんが、将来とっても有望な資格のひとつなんです!メンタル心理ミュージックアドバイザーは、音楽が人に与える影響についての専門的な知識を持ち、聴き手に合った音楽の選定と提案、助言ができる資格です。
 うつやストレスなど、仕事でもプライベートでも、心理的な疲労感がある人が増えてきています。この傾向はますます増えていくと考えられており、その解決方法のひとつ、音楽の活用についての専門家である、メンタル心理ミュージックアドバイザーのニーズも高まっています。将来の可能性が幅広く広がる資格です!

資格はここ→メンタル心理ミュージックアドバイザー

4位 メンタル心理ヘルスカウンセラー

有望資格第4位は、メンタル心理ヘルスカウンセラーです!この資格を取得すると、ストレスによる、身体や心への悪影響を解消するためのカウンセリングを行うことができるようになります。資格取得には、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する、メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験に合格する必要があります。
 ストレスに悩み、心や体の不調を訴える人がどんどん増えている状況で、メンタル心理ヘルスカウンセラーの重要性が高まっており、将来有望な資格となっています。

資格はここ→メンタル心理ヘルスカウンセラー

5位 音楽療法インストラクター

音楽療法インストラクターが、最後に紹介する有望資格です。音楽の持つチカラを、より密接なコミュニケーションや、集中力の向上に活用することが、音楽療法インストラクターになるとできるようになります。
 音楽の持つ効果を科学的に分析し、理論のベースの上に空間づくりに活用するという、新しい考え方に基づく音楽療法インストラクターは、今後ますます注目される有望資格と言えるでしょう。

資格はここ→音楽療法インストラクター


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る