洋食エキスパート口コミ評判

洋食
Pocket

洋食と聞くと、日本食以外の料理全般(フランス料理・イタリア料理・トルコ料理など)全ての料理が洋食と思いがちですが、これは間違いで、洋食とは西洋風の特徴を取り入れて日本独自で発展した料理の事を言います。代表的な洋食メニューとしては、コロッケ、カレーライス、エビフライ、オムライス、ナポリタンなどです。すべて私達の食生活に馴染みの深いメニューばかりですよね。また、これらのメニューを聞くと、喫茶店のメニューを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

今回は洋食のスペシャリストとして活躍できる資格、洋食エキスパート洋風を紹介します。洋食の歴史やメニューに関する知識、使用する食材やレシピなどに関する知識、洋食で使用する道具など、実践的な知識を身に付けている方を認定している資格です。洋食を家で作りたい方、喫茶店や洋食のお店を開いている方や開きたい方は資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

洋食エキスパート認定試験認定試験とは?

洋食エキスパート認定試験認定試験とは、日本安全食料料理協会が認定している資格となっております。洋食に関する幅広い知識に加え、代表的な洋食のメニューやレシピ、調理に使用する道具と使い方、包丁・フライパン・鍋の使い方、下準備・焼く・揚げる・煮込む・蒸す・仕上げなどの技術をマスターされた方を認定しています。

日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品に関する知識、料理技術に関するスキルが一定の水準を越えていることを認定している協会となっており、各スキルを必要とする企業や現場が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

洋食エキスパート認定試験の概要

洋食エキスパート認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。
洋食資格の洋食エキスパートはこちら

洋食エキスパート認定試験に合格したら?

洋食エキスパート認定試験に合格することで、洋食全般に関する知識だけでなく、実際に洋食を作ることができる知識、技能を身に付けている証明となります。その為、料理教室や食品会社などの仕事に就くことが可能となりますし、喫茶店や洋食のお店を開くことも可能となります。また資格を取得することで、洋食マイスターとして、カルチャースクールや料理教室などで講義活動をされている方もみえます。

洋食エキスパート認定試験の評判

洋食エキスパート認定試験は口コミでも高い評価を得ており、口コミの多くは、洋食に関する知識が身に付いた、食事のメニューを増やすことが出来た、下準備や焼く・揚げる・煮るなどの技術が向上した、子供が喜ぶ食事を作ることができるようになった、などの感想が目立ちます。また、喫茶店や洋食レストランを経営されている方が取得する資格として有名であることから、将来、喫茶店を開きたいと思われている方の多くが資格を取得されています。実務的な知識・スキルが身に付く実用的な資格として評価を得ている資格の一つと言えます。

まとめ

洋食は、私達に馴染みの深いメニューが多く、また手軽に食べることが出来るメニューばかりです。その為、資格取得をする際に得る知識・スキルはすぐに実践的なスキルとして活かすことが可能です。喫茶店や洋食レストランなどに従事されている方だけでなく、ご家庭の食事としても喜ばれるメニューばかりですので、若い方やお子さんを持つお母さんなども資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。また、単に洋食の知識やレシピだけでなく、下準備や焼く・揚げる・煮る・蒸すなどの技術も同時に学ぶことが出来ますので、料理をこれから覚えたと思われている方にも最適な資格と言えるでしょう。
洋食  洋食

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る