洋食資格人気ランキング

洋食
Pocket

はじめ

ハンバーグやオムライス、パスタなど日本にはたくさんの洋食メニューがあります。日本風にアレンジされて人々に愛されている洋食ですが自分で作ってみるとどこかお店の味と違う、難しくてうまく作れないという経験がある方も多いのではないでしょうか。
また自分でお店を開きたくて洋食の研究がしたい、食に関する仕事をしていてステップアップしたいという方も洋食関係の資格がおすすめです。洋食の正しい作り方やテーブルマナー、食品の栄養素などを楽しく学びながら知識をつけることができます。洋食をもっと上手に作りたいという主婦の方にもオススメです。

今回はそんな洋食に関する資格を4つランキング形式でオススメ順にご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

1位 健康西洋料理インストラクター

受験資格 特にありません。
受験料 10000円
受験申し込み インターネットから。
合格基準 70パーセント以上の得点率
受験日程 年に6回、2ヶ月に1回

この資格は日本インストラクター技術協会が主催しています。
洋食を作るために必要な食材の知識や調理方法を身につけていることを証明するためのものです。オムライスやハンバーグ、エビフライなど人気の洋食を上手に作るためのコツやポイントを抑えていること、ブイヨンやデミグラスソースなどを市販のものに頼らず作ることができる技術や知識を持っていることなどが問われます。
さらに洋食のマナーを理解して、指導することができることも必要なポイントとなりますので洋食に関するあらゆる知識を身に付けたい方にオススメです。資格を取得した後は講師としてカルチャースクールなどで他の人に教えることもできます。
西洋料理資格の健康西洋料理インストラクターはこちら

2位 西洋料理テーブルマナー講師認定試験

受験資格 満28歳以上であること、指定されたセミナーを受けていること、サービス業などにおいて経験があること など。
受験料 26000円
受験申し込み 郵送
合格基準 お問い合わせください。
受験日程 年に一度

この資格は1971年からスタートしている歴史のある西洋料理マナー専門の講師認定試験です。一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会が主催していて、テーブルマナーの基本的な知識や歴史についてが試されます。試験を受けるためにはまずセミナーを受講する必要があり、こちらも毎年1度行われています。さらに満28歳以上であることが条件になっているなど資格が厳しく指定されているので事前にご確認ください。
歴史のある資格なので取得することでマナー講師として働く際には有利に活用することができます。

3位 フードスタイリスト

受験資格 特にありません。
受験料 3級 15000円(認定登録料 20000円) 2級 20000円(認定登録料 20000円) 1級 20000円(認定登録料 30000円)
受験申し込み 郵送
合格基準 お問い合わせください。
受験日程 2,3級 11月、1級 3月

フードスタイリストとは、食品の撮影において食品を美味しそうに見せる技術や食の知識、感性などが求められる職業です。フードスタイリスト自体は資格がなくてもなることができるのですがこの資格は日本で唯一認定されているものなので取得しておくことでアピールになります。今後フードスタイリストになりたいという方は取得しておくのがおすすめです。
さらに食について興味があるという方にも人気です。資格は1級、2級、3級に分けられているので自分にあったレベルに挑戦できるのも魅力的です。

4位 料理教室プロデューサー

受験資格 特にありません。
受験料 3級 15000円(認定登録料 20000円) 2級 20000円(認定登録料 20000円) 1級 20000円(認定登録料 30000円)
受験申し込み 郵送
合格基準 お問い合わせください。
受験日程 2,3級 11月、1級 3月

料理教室プロデューサー資格は日本で唯一の料理教室を行うために必要な知識を問う資格です。
料理教室で求められる料理の知識や技術、センス、企画力などに加えてマーケティングや開業のために必要な知識、販売促進力なども求められます。この資格を取得すると自分で料理教室を開くのみでなく、食品会社や飲食店の企画マネジメントなどの場面でも活用できます。
洋食  洋食

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る