焼酎セレクトアドバイザー口コミ評判

焼酎
Pocket

日本人にとって馴染みの深いお酒といえば、ビール・日本酒・焼酎と言えるでしょう。特に近年は焼酎の需要が増加傾向にあり、要因として、以前は年配の方が飲むお酒のイメージでしたが、手頃な価格で飲めることや様々なバリエーションで飲めることなどから、若い方や女性も飲むようになってきた事だと言えます。焼酎の良いところは、様々なバリエーションで飲むことが出来ることです。原材料によって味も違いますし、水割り・お湯割り・ソーダ割り・ロックと色んな楽しみ方が出来ることです。そこで今回は、焼酎に関する資格、焼酎セレクトアドバイザー資格を紹介します。この資格は、焼酎の特徴や製法に関する知識、芋・麦・米・蕎麦・胡麻などの原料による焼酎の違い、焼酎の飲み方、焼酎に合わせた料理の選び方などに関する知識を有した方を認定している資格となっております。焼酎が好きな方、飲食関係やお酒を提供する場で仕事をされている方は、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

焼酎セレクトアドバイザー認定試験とは?

焼酎セレクトアドバイザー認定試験とは、日本インストラクター技術協会が認定している資格となっております。焼酎に関する広い知識、焼酎の製造方法、焼酎の産地・原材料・製造方法の違いによる特徴、焼酎に合う料理の選定、焼酎に合った飲み方など知識に加え、飲まれる方の好みや趣向に応じた焼酎の選定や飲み方などのアドバイスができる技能を身に付けた方を認定しています。

日本インストラクター技術協会とは?

日本インストラクター技術協会は、各スキルを有する技術者として必要な知識・技能を身に付けており、それら知識・技能を人に教えることができる技能を有している方を認定しています。また、各スキルを必要とする企業が人員の採用を行う際の客観的な評価の尺度を提供し、用途や目的に応じた知識や技術を有効活用できる人材を育成する目的としている協会です。

焼酎セレクトアドバイザー認定試験の概要

焼酎セレクトアドバイザー認定試験には、試験を受ける為の受験資格が無いので誰でも受験することが出来ます。受験の受付はインターネットからの申し込みが可能となっており、受験料10,000円、在宅にて受験することができます。また、2カ月に1度のペースで試験が行われていますので、いつでも受験することが可能です。試験に申し込むと自宅に問題用紙と回答用紙が届きますので、期日までに回答用紙を提出します。合格基準は70%以上の評価となっておりますが、比較的取得しやすい資格として評判です。
焼酎資格の焼酎セレクトアドバイザーはこちら

焼酎セレクトアドバイザー認定試験に合格したら?

焼酎セレクトアドバイザー認定試験に合格することで、焼酎に関する広く深い知識、芋・麦・米・蕎麦などの原材料の違いによる製造方法や特徴、味や飲み方などに関する知識、焼酎の様々な飲み方、飲む人の趣向に応じた焼酎の選び方や飲み方などの知識を有している証明となります。その為、飲食関係やお酒を取り扱う仕事に就くことが可能となります。また資格を取得することで、焼酎に関する講師活動をすることが可能となりますので、カルチャースクールなどで講義活動をされている方もみえます。

焼酎セレクトアドバイザー認定試験の評判

焼酎セレクトアドバイザーは口コミでも高い評価を得ており、焼酎について色んな知識が身に付いた、原材料の違いによる焼酎の味の違いや特徴、飲み方について知識が身に付いた、焼酎に合う料理や焼酎に合うグラスなどを学ぶことができた、焼酎の楽しみ方が増えたなどの感想が目立ちます。また、飲食店で勤務されている方は資格を取得したことによってお客様に焼酎を提供できるようになったという報告も届いています。焼酎セレクトアドバイザーは、実用的な資格として多くの方から評価を得ている資格の一つと言えます。

まとめ

焼酎は原材料の違いや様々な飲み方があることから、色んな楽しみ方ができるお酒です。また、手頃な価格で購入できることから手軽に楽しめるお酒でもあります。以前は、年配の方のお酒というイメージがあった焼酎も若い方が飲まれるようになり、今後も益々需要は増えてくると予想されることから、焼酎セレクトアドバイザー資格は、将来性のある資格といえます。焼酎が好きな方や将来飲食店で働きたいと思われている方、お酒を提供する場で働かれている方は、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。
焼酎  焼酎

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る