リラックス効果のあるフルートを習ってステキな日々を

資格ランキング
Pocket

こんな人にオススメ

フルートは、管楽器の中でも音が澄んでおり、わりと女性が多く選ぶ。サックスやクラリネットとの差と言えば、リードなしの楕円形の小さな穴に直接息を吹き込んで音を出すこと。初めて学ぶとき、他の管楽器に比べて比較的音が早く出るので初めて楽器を学んで、すぐに音を出したい時にはフルートが良いであろう。

すべての音楽が心身を安定させる効果があるが、フルートはパーカッションのように響きが大きい。比較的鋭い音を出す弦楽器ではなく、快適な音域の管楽器を選択するのは心身のリラックス効果にも期待ができる。特に管楽器は打楽器や弦楽器に比べて動きが少なく、静的であるため、じっくり音楽を楽しもうとする人々に最適である。

フルート6

ほとんどの場合、テキストを習ってゆく。それぞれのグレードやランクがあり、それに見合った自分の持ち込みの曲を吹かせてもらうこともできる。与えられた課題をレッスン室で吹き、そこに演奏上の注意をされ、持ち帰って練習というような典型的な音楽のレッスンのイメージだ。管楽器はしっかり演奏しなければ、音を出すことができない。重要なのは、まさに息。

どのくらいかかるの?

レッスン代は平均週1回30分あたりに4,000円~6,000円台。フルートはリード楽器に比べリードの交換が必要ないため、一度購入をしてしまえばレッスン代だけで続けてゆくことができる。

フルート2

レッスンの進め方

本格的に始めたいのであれば個人宅のレッスン、とりあえず気軽に始めてみたいのであれば大手楽器店のレッスンを受けるのがいいだろう。個人でやっている先生のところは比較的熱心に見てくれる。また、初心者からはじめて、ものすごく上手くなったという人も多く見かける。教室は自宅の一室をレッスン室にしている場合が多く、お茶などを飲みながら話しをしたりというのもあるだろう。大手楽器店のレッスンは先生は雇われていることが多く、比較的あっさりとレッスンを進めてくれる。楽器店つながりのコネクションで、多くの演奏家とのつながりがあり、発表会などでは少人数~大人数でのアンサンブルをすることもある。

フルート5

どんな楽器を買ったらいいの?

一般的に普及している型が10万円程度で売っている。サックスやトランペットのように中国産のような安価なモデルが少ないことがフルートを購入する際の注意点としてあげられる。また、小さな楽器なので細かなパーツが多くなる。購入するのであれば先生に相談をし、安物買いの銭失いにならないように注意が十分必要だ。購入が負担になるならば、一度レッスンでレンタルして学んだ後、後日購入するのがいいだろう。最初から楽器を持っていく必要は特にない。初心者であればなおさらだ。

フルート3

フルートと安産の関係

管楽器は、他の楽器とは異なり、呼吸を利用して音を出すので、呼吸法が非常に重要だが、この呼吸法のおかげでリラックス効果を得ることができる。管楽器を演奏するための呼吸法がラマーズ呼吸法と非常によく似ていて、管楽器奏者は安産をするという俗説があるほどだ。また、管楽器は腹筋運動の効果も与える。演奏をするには、腹式呼吸が必要なので、これにより、肺活量が増えて腹筋の使用量が増えて体力まで増加する。心と体の両方を管理したい場合は、管楽器を選ぶのがいいかもしれない。

この習い事で活かせる資格は?

音楽療法士
http://www.brush-up.jp/guide/674.html
音楽療法とは、認知症や自閉症、精神障害などでお悩みの方に、音楽を通じて、回復の手助けや、心身のケアを行うリハビリを行える資格です。

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る