皮革製品資格ランキング

資格ランキング
Pocket

革は、財布・靴・かばん・名刺入れなどの小物など、様々な商品に使用されているポピュラーな素材でもあり、高級な素材の一つでもあります。革には色・種類などが豊富にあったり、加工には熟練した技術が必要だったり、革製品を作成するまでには様々な工程を有します。そのため、革製品の製造に関する資格も存在しており、今回は革製品に関する資格を紹介します。

1位 鞄・ハンドバック・小物技術認定(皮革部門)試験

鞄・ハンドバック・小物技術認定(皮革部門)試験は、日本鞄ハンドバッグ協会が認定している資格です。試験は、課題に基づいた作品を制作して提出して作品審査が行われた後、学科試験・実技試験を経て資格が認定されます。資格は3級・2級・1級と3階級あり、3級は1年以上、2級は5年以上、1級は10年以上の実務経験が必要となっています。試験は年1回(3月)開催されています。

資格はここ→鞄・ハンドバック・小物技術認定(皮革部門)試験

2位 レザーマイスター資格試験

レザーマイスター資格試験は(般)日本レザーマイスター協会が認定している資格です。試験は、革と革製品に関する基本的な知識、販売知識、ワシントン条約の知識、原皮・染め・加工技術、革製品の取り扱いなどに関する内容から出題されます。試験は年12回(毎月)開催されています。

資格はここ→レザーマイスター資格試験

3位 レザークラフト会員登録

レザークラフトは(公)日本手芸普及協会が会員登録をしており、協会が主催する講座を受講しながら作品を制作するというカリキュラムが組まれており、作品の製造過程、革製品独特の加工方法や技法などを身に付けた上で会員登録となります。コースは、本科コース、高等科コース、講師科コースの3コースがあり、講座は随時開催されています。

資格はここ→レザークラフト会員登録

皮革製品資格のおすすめ情報

皮革製品を製作するには皮独特の技法が必要であったり、革の種類によって加工方法が違ったりと、様々な技術が必要とされます。革に関する知識、高度な技術を身に付けて資格を取得することで、スキルアップをされるのはいかかでしょうか。

レザークラフトを習う!人気のレザークラフト講座スクール!

おすすめの今人気のレザークラフト講座スクールはこちらです。

レザークラフト講座

関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る