着物着付け方資格人気ランキング

着物は日本古来の伝統衣装であり、同時にそれを着るためにはしっかりとした手順や形式が存在します。こうしたことからなかなか敷居が高いと思われがちな着物ですが、一度身に着けてしまうと、着物の着付けはそれだけでひとつの技術として機能することがよく分かります。しかし、実際に着付けの資格もかなりたくさんあるのが事実、どの資格を選んでよいか迷うものです。ここでは、着付けの資格をランキング形式でご紹介していきます。

1位:着物マイスター

着物マイスターは、古きよき着物の歴史や文化はもちろんのこと、その種類やTPOにあわせた選び方を熟知しており、実際に着付けとして活用できる能力を持った人を認定する資格です。普段からお祝い事の際に着用する機会のありがちな着物ですが、それぞれ帯の色や柄など、イベントの目的に合わせて細かい決まりがあるのを知っている人は多くありません。こうした基本的な約束事や実際の着るサポートができるのは、いざとなったときにとても心強いことがあげられます。着物や日本文化が大好きな人にとっては、抵抗なく資格の勉強をしていくことができるでしょう。
資格取得後は、着物マイスターとして実際に着物に関するさまざまな知識を困っている人に生かしたり、着物を紹介するような立場をになうことができます。写真館や呉服店、美容室などをはじめ、多くのフィールドで役に立つでしょう。また総合的な技術の高い場合には、個人でお客さんをとって着付けをしたり、広く文化の担い手として講演を行ったりすることも夢ではないでしょう。

2位:着付け方インストラクター

着付け方インストラクターは、着物の着付けを行う深い技術を習得しており、それを認定するための資格です。着物は伝統的な衣装ですが、西洋の衣服と比べてかなり着るのに手間がかかり、その姿形を整えるのもなかなか大変であることが分かります。こうした着物に特化した着付けを行える人は、文化や歴史的な知識も含めて年々減少している傾向にありますから、日本人として伝統衣装の着付けが行えることは、国民としてアイデンティティに大きな意味を持ちます。単純に文化や着物に興味があるという人だけでも、資格の前提条件はありませんから、非常に楽しみながら資格を習得できるでしょう。
取得後は、実際にさまざまな場所で着物の着付けを行い、活動を広げていくことができます。本業のビジネスと絡めて着付けも行うことで、さらに商売の幅が広がることもあり、服飾系のお店をしている人にとってはかなりアドバンテージの高い資格といえますね。

3位:着付け技能検定

着付け技能検定は、着物の着付けに特化した能力を認定する資格です。この資格は厚生労働省から認可を受けていることもあり、正式な古きよき日本文化と技術の担い手のひとつとして着付けという技能が確立していることを証明するものでもあります。着物に関する一般的な基礎知識はもちろんのこと、実際に限られた時間の中で着付けを実施することができる能力も実技試験で、非常にしっかりと能力を認定することのできる、効力の高い資格であることがよく分かります。2級および1級が存在し、2級に合格しておくと試験の一部免除が存在します。本格的に着付けで食べて生きたい人にとっては、まさにうってつけの資格であるということが出来そうです。
資格取得後は、実際に呉服店やアパレル関係、ウェディング関係など、実際の着付けを必要としている対象者がおおく集まる所で、その能力を存分に生かしながらさらに高めていくことが出来ます。履歴書でもかなりアピールをすることができる資格ですから、就職活動やキャリアアップに使用してもよいかもしれませんね。経験をつんだ方にとっては、講演やカルチャースクールなどより大勢の人を対象に知識を伝えるなど活動の幅を広げていくこともできるのでお勧めです。

4位:きものコンサルタント

きものコンサルタントは、日本人の伝統的な和の心を、着物を通して伝えていくことのできる技術を習得した人を認定するものです。古くから上流階級はもちろん庶民に至るまで着物を着用していた日本は、他の国とは異なる独特なオリエンタルの文化を持っています。こうした受け継がれていく古きよき技術のすばらしさを知ると共に、それをさらに多くの人に発信していくことができるのがこの資格の醍醐味です。近年では外国人観光客も増え、こうした日本文化を詳しく解説することのできる人材の不足が叫ばれています。普段から着物に親しみのある人、着物が大好きという人にとっては、是非習得していてまったく損のない資格でしょう。
資格取得後は、実際に資格を通して得た歴史やきものにかかわる幅広い知識を、実際に多くの人にアピールしていく役割を持つことになります。観光案内所はもちろんのこと、呉服店やアパレル関係、幅広いフィールドにおいて、今後こういった専門家の活躍が目立つようになるため、重要なキャリアアップの要素として考えることができますね。

5位:着付け師

着付け師は、日本の伝統的な着物の着付けを専門に行う技術と知識を習得していることを証明するための資格です。着付けの技術はかつてから伝統があり、その世界の中で着付けだけで師弟制度があったり、免許皆伝といった非常に厳格な制度の下で技術を一定のレベルに保ちながら今日まで続いてきました。近年では、特に若い人はなかなか着物を正式に着る機会が減少していることもあり、その技術は失われつつあります。奥深い着付けの技術は、一朝一夕に身につくものではなく、資格を取得してからもさらに自己鍛錬を重ねて成長していく必要があるので、ひとつの目安として着付け師を習得する人はかなり多いのが現状です。
資格取得後は、その資格をもとに、正式に弟子入りしてさらに着付けの腕を磨いていったり、より着付けがひつような結婚式場やスクールといった場所で、その技術を伝えていくことが出来るようになります。将来的に経験を重ねれば自ら師範として教えたり、個人でお客様を採ることも可能ですので、非常に夢のある資格ということができるでしょう。ストイックに着付けを極めたいと考えている方にとっては、非常にオススメの資格です。


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る