空間ディスプレイデザイナー認定試験口コミ評判

空間デザイン

空間ディスプレイデザイナーという職業が近年注目されています。この仕事は、ファッションビルなどの商業ビルなどで、空間をいかに上手に利用するのかを考える人のことを言います。主に商品のディスプレイなどを考えて、顧客の思考を刺激するのが仕事となります。今回は、そんな空間ディスプレイデザイナーの認定試験について説明します。

空間ディスプレイデザイナーとは?

空間ディスプレイデザイナーは、空間を自在に操って魅力的に商品を並べていく仕事となります。もしくは、並べることを提案し、店側と協力して売り上げアップを狙っていく仕事と言えます。この仕事は、空間を自在に操る技術はもちろん、限られた空間の中で、その商品が持っている魅力をどれだけ紹介できるのかという点も重要となってくる仕事となります。

実際にスペシャリストと呼ばれる方は、商品の陳列にも長けているのはもちろん、商品をどこに置けば一番売れるのかなども知っている人たちを言います。例えば、コンビニのカウンターに小さなお菓子やタバコ、その他のスナックなどを配置したのも、最初は空間ディスプレイデザイナーの方だと言えます。売れる場所を考えて、空間を活かすのが空間ディスプレイデザイナーの仕事です。

空間ディスプレイデザイナー認定試験とは?

単純にその空間を活かすとは言っても、闇雲に商品を陳列しているだけでは、売り上げアップに繋がりません。購入者の購買意欲を刺激して、いかに買わせるのかという点が重要となるため、具体的な商業に関する知識も必要となります。だからこそ空間ディスプレイデザイナーには、認定試験も用意されているのです。
空間資格の空間ディスプレイデザイナーはこちら
空間ディスプレイデザイナー認定試験では、陳列の知識はもちろん、技術や色彩の配置、効果的なポップの作り方、照明技術などを学ぶことができます。もちろん、それらの技術を自分が習得できたかどうか調べる試験でもあるので、専門の知識が必要となることはもちろん、演出力が必要となる仕事です。

試験には1級や2級が用意されていて、自分の実力に合った技能を身に付けられるようになっています。また、1級と2級では扱える空間演出の方法も違ってくるので、ステップアップのために取得していくというのも良いです。

空間ディスプレイデザイナー認定試験の口コミや評判

空間ディスプレイデザイナー認定試験を受けた方の口コミや評判は上々で、実際にスキルアップのために取得している方が大半です。その他、専門学校などに通っている学生も取得することが増えています。

・初めて空間ディスプレイデザイナー認定試験に興味を持って受けてみましたが、楽しく試験を受けられました。勉強というよりは、自分のセンスを活かした仕事ができそうなので、ぜひ取得して頑張ってみたいと思っています。

・空間ディスプレイデザイナー認定試験については、難しいところもありますが、それよりも経済的かつ演出的など、総合的に商品の陳列などについて考えていくのが楽しいです。受けて良かったと思っています。

おわりに

まだまだ空間を活かした仕事というのは重要で、特に近年は購買意欲を高める陳列ができる空間ディスプレイデザイナーは重要な人材だと言われています。仕事のためにも、是非取得してもらいたいものです。
空間デザイン  空間デザイン


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る