空間デザイン資格ランキング

空間デザイン
世の中に数多の資格はあるけれど、その資格で稼げるの?資格を持ったら何ができるの?どうやってその資格は取得できるの?資格取得までの時間や費用は?そんな資格に関する、様々な興味や疑問にお答えします!
家や職場の雰囲気を変えて、癒やされたり集中できたり、過ごしやすい空間をつくる「空間デザイン」に関する資格5つをご紹介します!比較的新しい資格が多いですが、それだけにこれから注目の資格のひとつです。

1位 空間ディスプレイデザイナー

JDP(日本デザインプランナー協会)が運営する、空間デザインに関する資格が、空間ディスプレイデザイナー認定試験です。この認定試験は、空間ディスプレイデザイナーとして、空間の色彩や証明、インテリアの選定・配置・演出、VMD(ヴィジュアルマーチャンダイジング)などについての知識や経験が、一定レベル以上にあると認定するための資格試験になります。認定試験・資格は1級と2級に分かれていて、それぞれ受験料1万円、在宅での試験受験ができます。
 まず2級から取得し、次に上位資格の空間デザインを行えると認められる1級にチャレンジするように、段階的に受験が可能ですので、計画的に資格が取得できる人気の資格になっています。

資格はここ→空間ディスプレイデザイナー資格試験

2位 住空間収納プランナー

住空間収納プランナーは、2009年に一般社団法人日本収納プランナー協会が運営を開始した、比較的新しい資格です。資格としての住空間収納プランナーは、分析や収納プランニングに関する知識や技術が一定水準にあることを認定する資格ですが、ベーシック・エキスパート・マスターと、3段階に分かれています。それぞれ、ベーシックは基本的な知識とノウハウが、エキスパートはより深い専門知識が、マスターは先生や講師として人に指導するレベルにあると認められた人に、資格が授与されます。
 住空間収納プランナーは、住宅やインテリアの分野において、実際にすでに働いている人が、業務に必要な知識や技術を高めることにも役立ちますし、将来独立を考えている人にも適した資格のため、注目の空間デザイン資格です。

3位 TALK食空間コーディネーター

TALK食空間コーディネーター資格制度は、1級から3級まで分かれています(1級は現在資格制度を構築中)。NPO法人食空間コーディネート協会(TALK-TCS)が運営する資格で、食空間のスペシャリストとして、食空間をプロデュースする知識や技術を身につけ、仕事においてはレストラン等の飲食業でのおもてなしや、日常においてはパーティーや食卓のコーディネートを行い活躍できる資格です。
 未経験の方でも3級から始め、段階的に知識や技術を身につけそれを確かめることができる資格です。仕事だけでなく日常生活にも活かせ、家族や友人にも一目おかれること請け合いの資格です!

4位 空間プランナー

空間プランナーは、住宅を構成する資材やインテリアなどについての基礎的な知識と、環境改善計画の立案やコンサルティングについての専門的な知識を有していることを認定する資格です。一般社団法人日本能力開発推進協会が主催する認定試験に合格すると、空間プランナーの資格が授与されます。試験は、協会認定の教育訓練講座のカリキュラムを修了することで、合格とみなされます。
 住宅やインテリア業界で働く方が、その知識や技術を保持している事を客観的に示すには、うってつけの資格といえるでしょう。

空間デザイン資格試験講座を習う!人気の空間デザイン資格試験講座スクール!

おすすめの今人気の空間デザイン資格試験講座スクールはこちらです。

空間デザイン資格試験講座
空間デザイン  空間デザイン


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る