管理健康栄養インストラクター認定試験口コミ評判

食育

健康に生きていくための様々な営みの事を栄養といいますが、かつてはこれを「営養」と呼んでいた事もあったそうです。「営」はいとなむ、「栄」はさかえると読むことから、1918年頃に栄養学の創始者であった佐伯矩氏によって名称の統一変更する呼びかけが広まり営養から栄養へ変わっていったと言われています。私達は普段口にする物から栄養を吸収し、それを消化・吸収する事で健康な日々を過ごす事ができます。
また、健康な日々を過ごすためには偏りのない、バランスの取れた栄養素を摂取する事がとても大切になってきます。そこで今回は健康と栄養に深くかかわりのある資格、JIA 日本インストラクター技術協会が認定を行っている『管理健康栄養インストラクター』の認定資格をご紹介したいと思います。

管理健康栄養インストラクターとはどの様な知識を得る事ができるのか?

栄養素に関する知識や体に及ぼす働きなどの知識を有している者に付与される民間資格です。管理健康栄養インストラクターの資格を取得する事で自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍する事ができる、人々の日々の生活に栄養と健康管理の正しい知識を伝授する事ができる貢献度の高いやりがいのある仕事です。
ビタミンなどに深くかかわりのある栄養学をはじめ、腸内細菌に関する基礎知識、食材の基礎知識、食品表示の見方、食品に関する理解度などをテキストに沿って学んでいく事で管理健康栄養インストラクターとして必要な知識を身に付ける事ができます。資格取得者は食品関連の仕事に従事している方が多く、他にも保育士や幼稚園教諭、介護士、飲食店経営者及び従事者など、多数の人と接する機会があり、飲食をされる仕事に携わっている職業の方のほか、一般の方からも広くこの資格取得をされています。

管理健康栄養インストラクター認定試験の概要や合格基準

受験資格は特に設けられていません。年齢や性別を問わず幅広い方々が管理健康栄養インストラクターの資格取得に注目をしています。気になる受験費用は消費税込みで10,000円となっており、資格取得費用が安いのも多くの方が受験をしている人気の理由の一つとなっています。認定試験はインターネットにて申し込みを行い、郵送にてJIA日本インストラクター技術協会より送られてくる解答用紙に試験期間内に返信を行うだけですので、自宅など好きな場所で試験に挑む事が可能な在宅受験方式となっています。
費用も安く、在宅で受験が可能なので、地方などの遠方に住む方でも気軽に受験する事ができ、合否判定も解答用紙を返信後、1か月未満で発表されるため、資格取得に向けて挑戦しやすい環境があらゆる方面で整えられています。なお、合格基準は70%以上の評価を得る事で資格取得を行う事ができます。

管理健康栄養インストラクター認定試験の気になる口コミ評判

・食事に関心が高く、何か多くの人の役に立ちたいと思い、取得しましたが、取得後は定期的に講師として活動をしているので、毎日とても充実しています。
食育資格の管理健康栄養インストラクターはこちら
・介護士をしており、食事介助の際に栄養学や腸内細菌など、受験対策で学んだ知識がとても役立っています。

・いつかカフェを開業したいと夢をもっているので、その足掛かりとして取得しました

・在宅で介護が必要になっている家族の健康維持にと試験を受けました。

・試験問題が私にクリアできるかな?と心配でしたが、頂いたテキストのおかげで試験勉強が楽に出来、しっかり1発合格できました。

・給食センターに勤務していて、食に関連した資格が欲しかったので資格をとりました。
といった口コミ評判が届いています。

口コミからもお分かりのように特定職種に限定される事無く、様々な職業の方が取得をされており、学びやすいという事が伺えます。

おわりに

長寿社会に突入し、ますます若年層の間でも健康への関心が高まっています。健康管理栄養インストラクターは資格名からもお分かりのように健康・栄養の管理を行う事で日々の生活を明るいものへとしてくれる資格です。将来飲食店独立希望の方や家族の栄養と健康に関心を寄せているという方は管理健康栄養インストラクターの認定試験にチャレンジされてみては如何でしょうか。
食育  食育


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る