緑茶インストラクター口コミ評判

お茶

日本茶が非常にその種類や、歴史が古いのは日本の古代の宮廷から、貴族まで幅広く愛飲され、やがてそれが茶道の歴史に繋がることに始まります。日本茶は、紅茶や中国茶とは違って茶葉を蒸し、発酵の度合いが低い一般的に「緑茶」と呼ばれる緑の茶葉が特徴です。ほうじ茶も、そうした茶葉を火で炒ったもので、原料はやはり緑の茶葉です。緑茶は一般的に、「茶をいれる」といっても、ただお湯を茶葉に注ぐわけではありません。産地の違い、また緑茶の種類によってその方法、技術も微妙に異なります。
また良い緑茶は、「茶葉の出汁」のような繊細な味を楽しむものです。そのため緑茶インストラクターとは、珈琲で言えばそのいれ方のプロフェッショナル、バリスタと同等の知識と経験を有しているという事になります。お茶のいれ方の基礎から、プロフェッショナル並みの技術、道具や作法、料理に至る技術を有しているので、職業の中でもかなり応用の効く資格が緑茶インストラクターです。

緑茶インストラクターとは

緑茶インストラクターとは、「緑茶の種類と特徴を理解し、正しくその味を引き出せる技術を持った人」です。資格としては民間資格ですが、近年この資格を所得希望する人が急増しています。趣味としても、日本茶は奥が深く、日本文化を知る意味でも非常に興味深いものです。茶道では、作法の他に茶葉や産地の知識に加え、和菓子、道具や「わびさび」と呼ばれる、日本独特の美観とセンスを磨く必要があります。
緑茶資格の緑茶インストラクターはこちら
また日本茶は、茶碗からその周辺の道具一つに至るまで、ピンキリが多く、時には骨董の目利きが出来ることが条件になることも多いのです。緑茶インストラクターとは、それだけではなく、茶葉の再利用や応用料理にも長けている必要があります。茶葉の補保管方法、それを使った料理、またシチュエーションに合わせたお茶のいれ方をマスターしたのが緑茶インストラクターとなります。

試験を受けるには

緑茶インストラクター認定試験は、日本インストラクター技術協会が開催する、JIA公式ページからインターネットを通じて受験の申し込みを行います。受験資格は特にありませんが、まずJIA公式ページから、試験日程スケジュールを確認し、受けたい時期を決めてから申し込みを行う流れです。それまでには、茶葉の知識やお茶の経験など幅広い知識を有している必要があります。また合格後に、緑茶インストラクターとして活躍する際に、その証となる合格認定証、合格認定カードなどを所得することが可能です。

合格するには

合格するためには、緑茶全般の知識だけではなく、応用として茶葉を使った応用料理などの経験や技術に関しても有している必要があるので、料理の経験、知識も認定試験では問われます。この幅広い知識は、茶葉の持つ特性や味について、かなり詳しく無ければなりません。相当のお茶への愛着と、興味や関心が強く無い事はもちろん、茶の味を愛すそうした文化や応用出来るアイデアもかなり問われます。

認定試験に向かって

認定試験に向かっては、殆どが独学ですが、中には料理に関しては専門スクールなどで調理技術を得ることも可能です。合格するためには、日本茶いわゆる緑茶の知識は深く、広いものが要求されます。単なる「日本茶が好き」という趣向の延長から始まり、強い愛着と関心が要求されるので、書籍だけではなく、実際に産地に出向くとか、茶屋へ行く、茶道の経験も時には必要なるかもしれません。そのため学習期間は、こうした認定試験の中ではかなり長い方に分類されると思います。

合格後の活躍

合格後は、カルチャースクールの講師、あるいは料理教室や独自に喫茶店経営などのきっかけや、その職業でこの資格は存分に活用することが出来ます。バリスタが独自で個人の活動をするように、その幅は近年ますます裾野が広がっています。また副業としても、この資格は有益で、日本茶、緑茶が好きならチャレンジして損は決してない資格の一つでしょう。
日本茶・お茶  日本茶・お茶


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る