編み物資格人気ランキング

現代社会では、クラフトの趣味は全世界的に男女の区別はなくなりました。そのクラフトの中でもコストが比較的かからず、多くの人に親しまれているのが、編み物です。その資格についてランキングでご紹介していきます。

1位:編み物マイスター

編み物の歴史は大変古く、人類の有史以前から、縫製という形で何らかの糸と素材を組み合わせた衣服の歴史がありました。編み物マイスターは、その中で育まれた編み物のデザイン、文様、創作物などの総合的な知識と技術を幅広くマスターし、人に披露、あるいは伝授できるスキルを身につけた資格所有者となります。編み物の主役は主に身の回りの、体に身につけるファッション性のあるものですが、マットやテーブルクロス、あるいはドアノブの飾りなど、近年では身の回りのあらゆるものに、その装飾と利便性を高めるために、編み物は需要の裾野が広がっています。編み物マイスターの仕事は、こうした生活の応用や、楽しさ、潤いを広く世間に認知させる事が出来る、クラフトの中では既に身近な手仕事になっています。

2位:手編みニットインストラクター

ニットといえば衣服の一種、冬場に着用するセーターを思い浮かべる人は少なくないでしょう。しかしニットとは、1本の糸から作られる連続して切れ目の少ない、編まれた「生地」の総称です。言ってみれば、一つの素材だけで編んで作られたものは、全てニット製品です。セーターはあくまでその形態の一つであるということでうs.ニットには、衣服関係の他に、アクセサリーからインテリア、そのインテリアの装飾まで含めた、数多くのアイテムをたった一人で作り上げる事ができる、昔からの手芸の一つです。手編みニットインストラクターは、手作りでニットを制作するための、針や毛糸、専用の道具や技法を習得して、あるいは新しい編み方を発明し、開発してニットの新しい技術を広く周知することが出来る資格となります。手編みニットインストラクターの資格所得後は、編み物教室やセミナー、講演会や、ワークショップでの、手編みの世界の楽しさと生活へのアドバイス、応用などを指導し、教えていくことが出来ます。

3位:かぎ針編み講師

かぎ針で作られるニット製品は、高い品質のクオリティを提供して、販売に耐えうる製品を作り出すことが出来ます。古代から続く民族衣装、あるいは伝統的な文様を通じて、編み方一つで文化を享受出来る、非常に高度な知識と技術です。中でもかぎ針は、道具も非常に安価で、様々な太さにより、保温性やデザインを大幅に変えることが出来ます。ファッションでは、その彩りとスタイルに特徴的なボリュームを与え、また様々なファッションシーンでも、新しい素材や新素材の糸をつかって、さまざまなかぎ針で作られたニット。ファッションが親しまれてきました。かぎ針編み講師は、そうした編み物の1分野を通じて、それを極め、他人にその技術を教える事が出来る専任講師となれる資格の一つです。資格所得後は、編み物教室では中心的役割を担うことになるでしょう。また多くの人に編み物の楽しさを伝え、趣味として広げる近年、心と精神的ケアに役立つ資格でもあります。

4位:毛糸編物技能検定試験

文部科学省が後援する技能検定試験の一つで、「毛糸編物技能審査基準」にしたがって行われます。非常に公的に認められた検定試験で、合格者のうち、成績優秀者には、文部科学大臣賞、全国検定振興機構理事長賞、日本編物検定協会会長賞、などの名誉ある各受賞を受ける事が出来る場合があります。検定では、1級合格者は指導者としての実力、2級合格者は指導者補佐が出来る実力があることを認めた合格証明証を交付され、その証明書を持って、様々な教育施設や介護、養育、教育現場で編み物を使った手芸を教える事が可能です。数々の編み物職業に従事したい人は、まずこの検定合格を目指すことになります。試験内容は筆記と作成、図案の製図や編み方の実技や理論が含まれます。毛糸編物の専門的な技能と知識を持ち、指導者補佐ができるので、実務的な収入ある職業に就くための条件となる検定試験です。

5位:棒針編み講師認定

棒針をつかった、編み物を楽しみながら、棒針編み物の基本をしっかり身につけ、通信講座や編み物専門の教育施設で実施される講師認定養成講座で受講できます。小さな作品から、巨大なタペストリーまで作れる、手仕事の編み物で、そのジャンルは広く、人間の力で立体的な作品を一人で作り上げることが出来ます。棒針編みは、編み物の技法の一種で、基本的な技術の一つです。直径2~30ミリ、長さ30センチメートルほどの先がとがった2本の棒で糸をあやつり、編み目を作りながら、マフラー、セーター、手袋、インテリア・アイテムなどを作成できます。主に衣類を作る時に使用される技法で、広く平たい面を作成するのに向いた編み方としてよく知られています。手編みの代表的な編み方ですので、初心者ではまずここから編み物の世界を知ることになるでしょう。資格を得た暁には、講師として編み物教室などで、自分の収入の一つとして活用できます。


関連記事

資格取得特集

アクセスの多い人気資格

ページ上部へ戻る